Need Help?

News

ニュース

2019.07.16

龍谷大学の学生による醍醐寺の文化遺産についての企画展を開催(文化遺産学専攻・國下多美樹先生)【文学部】

 文学部の学科専攻では、学内外で様々な活動を行っています。各学科専攻の活動とはどのようなものなのか、その一端を紹介するために、文学部歴史学科文化遺産学専攻の國下多美樹先生から報告いただきました。 

 龍谷大学の学生による醍醐寺の文化遺産についての企画展を開催します。
 このたび、醍醐寺(京都市伏見区)夏季展示に合わせて、「大学コンソーシアム京都」と「明日の京都文化遺産プラットフォーム事業」に参画した龍谷大学社会学部「コミュニティマネジメント特論」、および文学研究科考古学ゼミ学生による企画展示を行います。醍醐寺の文化遺産を考える企画です。ぜひ、ご観覧くださいますようご案内申し上げます。

テーマ 醍醐寺×龍谷大学
Ⅰ部 京都世界遺産PBL コミュニティマネジメント特論 写真展
   ”変わらないもの、変わったもの、変えたもの”
Ⅱ部 大学院文学研究科日本史学専攻(考古学ゼミ) 写真展
   ”醍醐寺町石–石に込められた人々の祈り−”

期間:2019年7/15(月)祝〜8/11(日)、要拝観料
場所:醍醐寺霊宝館(地下鉄 醍醐駅徒歩10分)
※こちらをクリックください。
展示資料リスト:URL