Need Help?

News

ニュース

2019.08.07

理工学部 内田教授らの論文2件が「Angew. Chem. Int. Ed.」、「Comms. Chem.」にそれぞれ掲載されました。

京大記者クラブにて記者レクチャーをおこなう内田教授(右)、西村氏(左)

 理工学研究科物質化学専攻博士後期課程2年 西村涼 氏、理工学部物質化学科 内田欣吾 教授らの論文2件がドイツ化学会誌「Angew. Chem. Int. Ed.」、Natureの姉妹誌「Comms. Chem.」にそれぞれ掲載されました。
 各論文の主な内容は、次のとおりです。

■「Angew. Chem. Int. Ed.」掲載
(1)概要
「光照射で物体を移動させる結晶ブラシの開発に成功~ゾウリムシの繊毛を模倣~」
 理工学部物質化学科の内田欣吾研究室は、光に反応して曲がるミクロサイズの棒状結晶を配列した基板の開発に成功しました。この基板に物体を置き、一方向から光を照射すると、ちょうどゾウリムシの繊毛の挙動のように一方向に棒状結晶が曲がり物体を移動させることが可能で、光で曲がる結晶を並べた基板で、物体を移動させる様式は世界初です。今後、光で遠隔操作できるソフトロボットへの応用などへも期待されます。なお、当該論文は、Hot Paper(注目論文)、back cover(裏表紙)にも採択されています。

(2)英文タイトル
Object Transportation System Mimicking the Cilia of Paramecium aurelia Making Use of the Light-Controllable Crystal Bending Behavior of a Photochromic Diarylethene
(3)和訳
光で結晶の屈曲制御可能なフォトクロミックジアリールエテン結晶を用いた、ゾウリムシの繊毛の挙動をまねた物体輸送システム
(4)掲載誌
Angewandte Chemie International Edition, 2019, 58, in press. Selected as “Hot Paper” (アンゲヴァンテケミ―(応用化学)国際版) DOI: 10.1002/anie.201907574
URL:https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1002/anie.201907574
(5)著者
西村 涼(龍谷大学大学院理工学研究科物質化学専攻 博士後期課程2年/
日本学術振興会特別研究員)
安田伸広(Spring-8/JASRI)
森本正和(立教大学)
宮坂 博(大阪大学)
横島 智(東京薬科大学)
中村振一郎(理化学研究所)
Bernard L. Feringa(Groningen大学、オランダ)
内田欣吾(龍谷大学) 他

<プレスリリースはこちら>
https://www.ryukoku.ac.jp/nc/news/entry-3860.html
※SPring-8HP(http://www.spring8.or.jp/ja/)にも掲載されています。


■「Comms. Chem.」掲載
(1)概要
「世界初、空気中の霧から水をつくるシロアリの翅(はね)の表面構造を再現」
 理工学部物質化学科の内田欣吾研究室では、独自技術を用い、シロアリの翅(はね)の表面構造を再現することに世界で初めて成功しました。シロアリの翅は、空気中の小さな霧粒をキャッチし水滴をつくる一方で、大きな水滴は弾くという特性があり、今後は、この技術を応用し、空気中の霧から水滴を集めるといった実用化が期待されます。なお、本件は、Natureasia日本語版(http://www.natureasia.com/ja-jp/)で報道予定ですので、あわせてご覧ください。(8月中旬)
(2)英文タイトル
Dual wettability on diarylethene microcrystalline surface mimicking a termite wing
(3)和訳
シロアリの翅を模倣したジアリールエテン微結晶表面の二重濡れ性
(4)掲載誌
Communications Chemistry, 2019, in press. (コミュニケーションズ ケミストリー)
URL:https://www.nature.com/articles/s42004-019-0192-6
(5)著者
西村 涼(龍谷大学大学院理工学研究科物質化学専攻 博士後期課程2年/
日本学術振興会特別研究員)
兵藤憲吾(近畿大学)
眞山博幸(旭川医科大学)
横島 智(東京薬科大学)
中村振一郎(理化学研究所)
内田欣吾 (龍谷大学)

<プレスリリースはこちら>
https://www.ryukoku.ac.jp/nc/news/entry-3862.html