Need Help?

News

ニュース

2019.09.06

龍谷大学福祉フォーラム 第23回専門セミナー「社会調査を理解する ~量的調査、はじめの一歩をふみだそう~」を開催します!

社会調査のうち、量的調査の基礎的な部分について、実習を通して学ぶ講座です。
本専門セミナーでは、主に以下の3つを目的とした講義を提供します。

(1)社会調査の経験がない人に、基本的な知識と方法を伝えること。
(2)社会調査を行う場合に、最低限押さえておくべきポイントについて伝えること。
(3)社会調査のデータ処理を、コンピュータを用いた実習を通して学んでもらうこと。

社会調査は、科学的な方法論を用いて実施・分析されてこそ、有意義なものとなります。
量的調査の基本的なポイントを学んでいきましょう。

日 時:2019年10月12日㈯ 10:00~15:45

 研修1 「社会調査とは何か」 ■担当講師 龍谷大学社会学部准教授/猪瀬 優理
     社会調査の定義・種類、量的調査の手順、調査票の作成、サンプリング方法
     実習:調査票調査で用いる設問を作成してみましょう。

 研修2 「調査票調査の方法」 ■担当講師 龍谷大学社会学部教授/津島昌弘
     データの電子ファイル化、データの基礎的集計、調査報告とデータの管理
     実習:コンピュータを用いて、データ分析を行います。
    

場 所:龍谷大学瀬田キャンパス6号館
定 員:20名
対象者:社会調査の手法を学んだことはないが、学ぶ必要があると感じている方。
パソコンの基本的な操作(Windowsの操作、キーボード操作や文字入力など)を修得された方を想定しています。
参加費 福祉フォーラム会員・本学学生/無料 一般受講者/2,000円(税込)

申込はこちらから

■主催/龍谷大学福祉フォーラム