Need Help?

News

ニュース

2019.09.18

理工学部 藤原 学 教授が2019年度日本分析化学会 学会功労賞を受賞

 本学理工学部物質化学科の藤原 学 教授が、2019年度日本分析化学会 学会功労賞を受賞しました。
 学会功労賞は、学会正会員にして日本分析化学会及び分析化学の発展に多大な貢献をなした者で、受賞の年の1月1日現在、30年間以上引き続き会員であり、満55歳以上の者に贈呈される賞です。
 表彰式は、日本分析化学会第68年会期間中である、2019年9月12日(木)に千葉大学けやき会館大ホールにて行われました。

 藤原教授は、「金属錯体ならびに考古・環境試料を対象とした化学結合状態分析に関する研究及び学会への貢献」が評価され、本賞の受賞となりました。これまで分子構造と化学的性質の相関関係を電子の観点から総合的に解析するため、X線光電子分光法(XPS)を中心としたX線分析、NMR分析、蛍光分析、熱分析、分子軌道計算など多くの科学分析手法を用い、多様な物質を対象にした研究を行われてきました。

 


授賞式


賞状