農学部の「教育理念・目的」と「3つの方針」

農学部の教育理念・目的

建学の精神に基づいて、人類が直面する「食」と「農」に関する国内外の諸問題に対して真摯に向き合い、持続可能な社会の実現に貢献し、生命・資源・食料・経済に関わる諸問題に対して農学の立場から正しい判断ができる力を備えた人間を育成することを目的とする。

学位授与の方針[学士(農学)]

農学部の「教育理念・目的」に基づき、以下の基本的な資質を備えるに至った学生に学士(農学)の学位を授与する。

学生に保証する基本的な資質

建学の精神

  • 仏教、ことに浄土真宗に根ざす建学の精神の意味を深く理解している。
  • 建学の精神に基づいて、豊かな人間性と高い倫理観をそなえ、社会的責務に対する自覚を持っている。

知識・理解

  • 農学の理論とその実践について説明できる。
  • 幅広い学問領域について基礎的な知識をもち、それぞれの領域がもつ見方について説明することができる。

思考・判断

  • 「食」と「農」に関する諸現象を論理的に分析できる。
  • 基本的な論理的思考能力をもち、多角的な観点から柔軟かつ公正に思考し判断ができる。
  • 問題を発見し、課題を解決する能力を身につけている。

興味・関心

  • 地球環境と国内外の農業の動向に対して常に興味・関心を示している。
  • 「食」と「農」をとりまく諸現象について、探究心をもって具体的な課題設定ができる。
  • 問題を解決するために必要となる専門的知識を自ら進んで修得し、時代の変化や社会の要請に合致した学習を継続的に行うことができる。

態度

  • 高い倫理性をもって、専門的知識と技術を総合的に活用することができる。
  • 世界的な視野をもって社会が直面するさまざまな課題に主体的・積極的に対応することができる。
  • 多様な価値観を認めつつ、学びを通じて自己の認識を広げ、感性を磨くことができる。
  • 外国語を自律的に学習する態度を身につける。

技能・表現

  • 自ら発見した課題を論理的に分析し、自らの考えを文章で表現し、それをプレゼンテーション・ディスカッションできる。
  • 外国語による基本的なコミュニケーションができる。
  • コンピュータによる情報分析・発信のための基本的なスキルを身につけている。
  • 英語を媒介とした知的情報の受信、選択、分析、発信を基本とするコミュニケーション能力をもつ。
  • 「食」と「農」に関する諸課題を解決できる適切な技能を身につけている。

学位授与に必要とされる単位数及び卒業認定の方法

  1. 学部に4年以上在学し、所定の科目を履修しその単位を修得した者に対し、学長は教授会の議を経て卒業を認定する。ただし、所定の科目を特別に優秀な成績で修得したと教授会が認めた者については、3年以上の在学で卒業を認定することができる。その取扱いについては、別にこれを定める。
  2. 卒業認定を受けるためには、所定の124単位以上の単位数を修得し、「特別研究」を行い合格しなければならない。

このページのトップへ戻る


教育課程編成・実施の方針

未来の持続可能な農業を構築するために、文理融合型の人材を育成する必要がある。そこで、農学部の「教育理念・目的」、「学位授与の方針」に基づいて、「農学概論」を核に、「演習」と「講義」を組み合わせた教育課程を編成・展開し「食」と「農」を理解できる基礎知識基盤を構築する。

  • 仏教の思想と高い倫理性を養うための科目である「仏教の思想A・B」(各2単位)を必修科目として設置する。
  • 分野が広範にわたる農学を総合的に理解するため、「農学概論」(2単位)を必修科目として設置する。
  • 農業に関するトータルプロセスを実体験できるプログラム「食の循環実習Ⅰ・Ⅱ」(各2単位)を必修科目として設置する。この科目では、講義・演習と実験・実習の組み合わせにより「食」と「農」を総合的に理解させ、かつ学科横断型科目として実施することで学科の枠組みを超えた多面的な学びを達成し、加えて学生交流を誘起する。
  • 学科横断型カリキュラムにより文理融合型の知識基盤を構築する。低年次において他学科で開講される科目の履修を要件化し、理系・文系の垣根を越えた教育体系とする。

植物生命科学科

本学科では、農業の基礎となる農作物の生育や変異の仕組み、すなわち、植物の生理現象や変異と進化、その生育における外的要因の影響を総合的に理解するために、植物生理学や遺伝学をはじめとする、植物を中心とした生命科学領域を学ぶ。また、実験・実習を通じて実際の植物の生理や遺伝現象の観察を行う。さらに、講義と実験・実習で身につけた知識と技術を活用して、自ら学び研究する演習や卒業研究を行う。

資源生物科学科

本学科では、「食の安全・安心」を支える農作物の生産、すなわち品種育成や作物多様性、土壌などの栽培環境の保全、農薬や化学肥料などが環境に与える影響などを実証的かつ総合的に理解するために、育種学や作物学をはじめとする、農業に直結する自然科学領域を中心に学ぶ。また、実験・実習を通じて実際の植物の育成や栽培を行う。さらに、講義と実験・実習で身につけた知識と技術を活用して、自ら学び研究する演習や卒業研究を行う。

食品栄養学科

本学科では、人の健康を支える上で必要不可欠な「食と栄養」について学ぶ。また、人々の健全な食生活をサポートする管理栄養士の養成課程でもあることから、基礎栄養学をはじめ、生理学、生化学、食品化学などの専門基礎科目、さらに、応用栄養学、栄養教育論、臨床栄養学、公衆栄養学、給食経営管理論などの実践的専門科目を学ぶ。実験科目を通じて食と栄養の仕組みや食品加工の実際を観察・体験し、学内外での実習を通じて食に携わる人材としての資質を形成する。最終学年ではそれまでに身につけた知識と技術を活用して、自ら学び研究する演習や卒業研究を行う。

食料農業システム学科

本学科では、「食」と「農」に関わる自然科学的な知識と「農」の実態に関する確かな認識を前提としつつ、「食」と「農」に関わる国内外の社会問題・経済問題に取り組む能力を養うことを目的としている。そのために、農業技術や食に関わる自然科学的な基礎知識を取得するための講義・実習を一定程度受講した上で、経済学、経営学、会計学、社会学といった社会科学関連の科目を中心に学ぶ。また、調査実習等を通じて、農業や食産業の実態把握に努める。さらに、講義と実習で得た知識と知見を活用して、自ら学び研究する演習や卒業研究を行う。

入学者受け入れの方針

生命・資源・食料・経済 ~未来への持続可能な農業をめざして~

農学部の教育は、自然科学の領域だけでなく、人文・社会科学の領域や食品栄養学の領域を含む、幅広い分野の教育を、融合的に行うことをめざしています。

そのため、次のような人が入学することを求めています。

  1. これら「食」と「農」を支える領域への幅広い興味と、農学への強い意欲をもっている人
  2. 農学の教育を行うにあたって、自然科学と社会科学に関心があり、関連する実習や実験をやり遂げる意思と能力をもった人

ついては、高等学校等での学習では、農学部で教育を受ける上で基本となる高校での教科を幅広く基礎的事項についてしっかり勉強することを望みます。

植物生命科学科

本学科では、農業の基礎となる農作物の生育や変異の仕組みを正しく理解するために、植物を中心とした生命科学領域を学びます。このため、生物学、化学をはじめとする自然科学的基礎学力を習得し、コミュニケーション能力と学びに対する積極性を有している人を求めます。

資源生物科学科

本学科では、「食の安全・安心」を支える農作物を生産する上で不可欠な技術などを正しく理解するために、農業に直結する自然科学領域を中心に学びます。このため、生物学、化学をはじめとする自然科学的基礎学力を習得し、コミュニケーション能力と学びに対する積極性を有している人を求めます。

食品栄養学科

本学科は、人の健康維持・増進に役立つ「食」について学びます。また、管理栄養士養成課程であることから、人々の健全な食生活をサポートするために必要な専門的科目を中心に学びます。このため、生物学、化学をはじめとする自然科学的基礎学力を習得し、コミュニケーション能力と学びに対する積極性を有している人を求めます。

食料農業システム学科

本学科では「食」と「農」に関わる問題を、単なる技術的な問題ではなく、「社会や経済の仕組みの問題」として正しく理解し、その解決方法を検討・考察するために「食と農に関わる社会科学」を中心に学びます。文系科目の基礎学力がある人、もしくは理系科目の基礎学力がある人の双方を希望します。また、「食」と「農」に関わる国内外の社会問題・経済問題を学ぶためには、農業の現場においてフィールドワークを行うことが重要な意味をもっています。コミュニケーション能力と学びに対する積極性を有している人を求めます。

このページのトップへ戻る