Need Help?

Event

イベント

2020.09.03

2020年大阪高生研 9月オンライン例会<一般参加者を募集>【犯罪学研究センター協力】

『高瀬舟』を題材にした国語的模擬裁判の実践を通じて(Zoom開催・事前申し込み制・参加無料)

開催日時 2020年09月27日 13:30 ~ 2020年09月27日 17:00
開催場所 Zoom(当イベントの専用アカウント)
お問い合わせ 岡山理科大学教育学部・札埜研究室 [E-mail] fudano@ped.ous.ac.jp

犯罪学研究センター 法教育・法情報ユニットの嘱託研究員である札埜和男准教授(岡山理科大学・教育学部)が、2020年9月27日(日)に「2020年大阪高生研(高校生活指導研究協議会)9月例会」で発表します。

札埜准教授は、前職の京都教育大学付属高校教諭の時から、模擬裁判を国語の授業として取り上げるという画期的な授業方法を考案し、かつ様々な場所、学校に赴いてそのメソッドを公開、指導を行っています。
近年は、森鷗外の小説『高瀬舟』を教材として模擬裁判を行うという授業実践を行い、8月には初の試みとなる第1回オンライン高校生模擬裁判選手権をZoomで開催し、検察側の高校生・弁護側の高校生が殺人か同意殺人かをめぐって白熱した議論を展開しました。

今回、国語的模擬裁判の授業実践に関して、研究会をオンラインで開催します。
当日は研究会の会員以外も参加可能。「事前申し込み制」で一般参加者を募集します。
※先着定員100名


2020年大阪高生研(高校生活指導研究協議会)9月例会
『高瀬舟』で模擬裁判~
「この時期にこの授業を受けられて良かったです」
人間・人生・社会を考える気宇壮大プロジェクト~(授業実践)


日 時:2020年9月27日(日) 13:30-17:00
場 所:Zoom
共同実践発表:
・札埜和男(岡山理科大学教育学部准教授)
・村上真理子(千葉県立A高等学校国語科教諭)

▼参加方法:
参加希望者は9月25日(金)までに、岡山理科大学教育学部・札埜研究室 [E-mail] fudano@ped.ous.ac.jp へ
龍谷大学 犯罪学研究センターHPで情報を閲覧した旨」を添えてお問合せ下さい。
運営担当者より、当日のID、パスワード、資料を返信いたします。

概要:(詳細は下記PDFを参照のこと)
「楽しかった!模擬裁判をやってる場合じゃないとか言ってる人が他クラスにいたようですが、私はそうは思いません」。
3年秋(2019年)、受験に特化した授業を行うべき進学校で、なんと2か月(10月~11月)に及び、“小説『高瀬舟』で模擬裁判を行う”という気宇壮大な授業が展開された。しかも実践者は模擬裁判を行うのは初めて。そして、4クラス同時進行!しかし実践者には、「模擬裁判には国語との親和性があり、小説の読みを深める手段となりうる」という確かな見通しがあった。やがて医師、弁護士、大学教員をゲストとして巻き込み、「国語」を軸としながら超えたデザインを持つ実践へ!結果的に「人間・人生・社会」について深く考えさせる「探究」的授業となり、「高校生にとって必要な学びとは何か」を考えさせる実践となった。
「この時期にこの授業を受けられて良かったです」受験生にこう言わしめたのは何なのか?どんな国語の読みが展開されたのか?探究的とは?そもそも授業とは?皆さんと議論していきたいと思います。


200927event_flyer.pdf(204.67 KB)ファイルを開く

2020年大阪高生研(高校生活指導研究協議会)9月例会_概要資料


関連情報:【第1回オンライン高校生模擬裁判選手権(2020/8/9開催)】
https://www.ryukoku.ac.jp/nc/event/entry-5897.html

関連情報:【龍谷大学法情報研究会(CrimRC 法教育・法情報ユニット)これまでの活動レポート】
>>2019年度第1回 龍谷大学法情報研究会 公開研究会
>>2019年度第2回 龍谷大学法情報研究会 公開研究会
>>2019年度第3回 龍谷大学法情報研究会 公開研究会
>>2019年度第4回 龍谷大学法情報研究会 公開研究会
>>「法教育フェスタ2019」を京都府立図書館で開催【犯罪学研究センター共催】