Need Help?

Event

イベント

2020.11.17

アジア犯罪学会 第12回年次大会 オンライン・プレイベント「Exploring Criminology beyond Japan」【犯罪学研究センター】

一緒に国際学会で発表しませんか?(オンライン開催・事前申し込み制・参加無料)

開催日時 2020年12月19日 14:00 ~ 2020年12月19日 16:00
開催場所 Zoom
お問い合わせ 龍谷大学犯罪学研究センター [E-mail] crimrc.ryukoku@gmail.com [URL] https://crimrc.ryukoku.ac.jp

Covid-19の世界的な影響により延期となりましたが、2021年6月18日~6月21日、龍谷大学において「アジア犯罪学会 第12回年次大会(ACS 2020)」が開催されます。
龍谷大学犯罪学研究センターは、2021年のアジア犯罪学会の成功に向けて、より一層の研究活動の発展と、国内外に向けたアピールや社会連携に取り組んでいます。

このたび、プレイベント『Exploring Criminology beyond Japan 〜一緒に国際学会で発表しませんか?〜』をオンライン開催します。
・今後、国際学会での初報告を目指す方
・英語のプレゼンテーション能力を向上させたい方
・犯罪学領域の国際学会のトレンドを日本語で知りたい方 など、ぜひふるってご参加ください。
【>>お申込みフォーム】 (お申し込み期限:12/18金曜 正午)




Exploring Criminology beyond Japan
〜一緒に国際学会で発表しませんか?〜

【日時】 2020年12月19日(土)14:00-16:00

【趣旨】
日本の若手犯罪学研究員にとって国際学会で発表することは、極めてハードルの高い体験です。しかし、国際学会での発表を無事に達成することができれば、数々のメリットが得られることでしょう。
今回のオンライン・プレイベントでは、2021年6月18日〜21日に京都・龍谷大学で開催予定の「アジア犯罪学会 第12回年次大会(ACS2020)」での報告を目指して、国際学会での発表経験を有す若手研究者をパネリストに招き、その体験(失敗談や学び得たこと等)を共有いただいた上で、国際学会で発表するという挑戦や有益性についてディスカッションします。
参加者からの質問も受け付けます。ぜひ一緒に国際学会で発表しませんか?

【登壇者】
パネリスト(50音順・敬称略):
  ・相澤 育郎(立正大学・助教)
  ・相良 翔(埼玉県立大学・助教)
  ・都島 梨紗(岡山県立大学・講師)
  ・松川 杏寧(国立研究開発法人防災科学技術研究所・特別研究員)
  ・丸山 泰弘(立正大学・准教授)

指定討論者:
 宮澤 節生(アジア犯罪学会・会長、神戸大学・名誉教授、カリフォルニア大学ヘイスティングス・ロー・スクール教授)

司会:
 ディビッド・ブルースター(龍谷大学 犯罪学研究センター・博士研究員)

【>>お申込みフォーム】 (お申し込み期限:12/18金曜 正午)
※Zoom情報は、お申し込みフォームに入力いただいたメールアドレスに「開催前日16:00頃」に連絡します。



- 主催:アジア犯罪学会 第12回年次大会実行委員会
- 共催:龍谷大学 犯罪学研究センター(CrimRC)
- 協力:犯罪・非行を研究する若手研究者ネットワーク(ECCRN)


ACS2020_preevent1_flyer_1117.pdf(1.13 MB)ファイルを開く

20201219 ACS2020_Exploring Criminology beyond Japanフライヤー

________________________________________
【>>アジア犯罪学会 関連ニュース】
- 2018.07.30News 2020年10月に龍谷大学にて「アジア犯罪学会第12回年次大会」の開催が決定
- 2018.11.20News 第3回 龍谷犯罪学セミナー(Ryukoku Criminology in English)レポート
- 2019.06.21News ACS2020 official website is launched! | アジア犯罪学会 第12回年次大会 公式サイト開設
- 2019.07.05News アジア犯罪学会 第11回年次大会(ACS2019)in フィリピンに参加
- 2019.07.23News 第11回「CrimRC(犯罪学研究センター)公開研究会」を開催