• HOME
  • > 最新情報

最新情報

龍谷大学 創立370周年記念事業 国際シンポジウム

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2009年3月23日

「2009年3月21日に龍谷大学370周年記念事業として国際シンポジウム『グローバル化する厳罰化とポピュリズム』が、龍谷大学矯正・保護研究センターの主催と、日本犯罪社会学会、龍谷大学矯正・保護課程の後援を得て開催されました。

元アメリカ犯罪学会会長であるマイケル・トンリー(ミネソタ大学教授)の基調講演をはじめ、ジョン・プラット(ヴィクトリア大学教授)、デイビッド・ジョンソン(ハワイ大学教授)、タピオ・ラッピ-ゼッパーラ(フィンランド国立司法研究所所長)、浜井浩一(龍谷大学矯正・保護研究センター基礎研究部門長)ら国際的に著名な研究者によるパネルディスカッションがおこなわれました。

研究者、弁護士やマスコミ関係者など約150名の来場者とともに、犯罪不安などを背景として情緒的な世論に流されて厳罰化傾向が加速する国際的な現状をPenal Populismの 観点から確認し、今後の対応など幅広い討論がおこなわれました。」

創立370周年事業について

矯正・保護研究センター

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る