Need Help?

Event

イベント

2021.09.05

第2回オンライン高校生模擬裁判選手権<観戦者&参加校を募集>【犯罪学研究センター後援】

文学模擬裁判を通じて、人間や社会を考える眼差しを深める(Zoom開催・事前申し込み制・観戦無料)

開催日時 2021年12月19日 9:30 ~ 2021年12月19日 16:30
開催場所 オンライン法廷(Zoom)
お問い合わせ 岡山理科大学教育学部・札埜研究室 [E-mail] fudano@ped.ous.ac.jp

犯罪学研究センターの嘱託研究員である札埜和男准教授(岡山理科大学・教育学部)が、法教育・法情報ユニットの活動として、2021年12月19日(日)に「第2回オンライン高校生模擬裁判選手権」を開催します。

札埜准教授は、前職の京都教育大学付属高校教諭の時から、模擬裁判を国語の授業として取り上げるという画期的な授業方法を考案し、かつ様々な場所、学校に赴いてそのメソッドを公開、指導を行っています。
文学模擬裁判を通じて、人間や社会を考える眼差しを共に深めませんか。

「事前申し込み制」で観戦者を募集します。
観戦希望者は、12月12日(日)までに、岡山理科大学教育学部・札埜研究室 [E-mail] fudano@ped.ous.ac.jp までお問合せ下さい。



第2回オンライン高校生模擬裁判選手権

日時:2021年12月19日(日) 9:30-16:30(終了見込)
法廷:オンライン法廷(Zoom)

本大会のねらい:
(1)法的思考力や刑事(裁判員)裁判の意義の理解にとどまらず、広く人間や社会までを視野に入れた「国語的」模擬裁判を通じて、人間や社会を考える眼差しを深める。
(2)「国語的・文学模擬裁判」という新しい教育手法を通じて新学習指導要領の理念でもある主体的・対話的で深い学びを実現する機会とする。


出場校:
応募により 12 校~16 校募集。先着順。
高校生および高校教員に向けた「出場にかかる募集要項」は下記PDFを参照のこと。

競技方法:
参加校は、予め配布される文学教材や関連資料をもとに、検察側・弁護側それぞれの立場に立って立証・弁護活動を行う。シナリオ創作型の模擬裁判である。
参加校は決められた時間に従い、立証・弁護活動を行い、審査員がそれらの内容を評価して、その総合点で勝敗を決める。参加校は検察側・弁護側両方の立場で模擬裁判を行うことになる(午前中の試合で検察側を担当したチームは、午後弁護側を担当する。逆に、午前中の試合で弁護側を担当したチームは、午後弁護側を担当する)。総合点の高い順から優勝校・準優勝校・第3位を決める(予定)。

採点基準:
読解力、人間や社会への洞察力、論理性、表現力等の視点から採点する。

当日のスケジュール(予定):
- 9時30分 Zoom入室開始(各自宅等でスタンバイ)
- 9時40分 開会式、出場校紹介、選手宣誓
- 10時00分 対戦校及び立場(検察側・弁護側)の発表、各法廷Zoomへ移動
- 10時30分 第1試合開始
- 12時20分 第1試合終了
- 12時20分 昼休憩
- 13時20分 第2試合開始
- 15時10分 第2試合終了
- 15時40分 講評
- 16時10分 成績発表、表彰式
- 16時30分 大会終了、振り返り交流会


主催:岡山理科大学札埜研究室・オンライン高校生模擬裁判選手権実行委員会
後援: 京都教育大学附属高等学校模擬裁判同窓会、龍谷大学犯罪学研究センター


関連情報:【第1回オンライン高校生模擬裁判選手権のご案内】
https://www.ryukoku.ac.jp/nc/news/entry-5678.html

関連情報:【龍谷大学法情報研究会(CrimRC 法教育・法情報ユニット)これまでの活動レポート】
>>2019年度第1回 龍谷大学法情報研究会 公開研究会
>>2019年度第2回 龍谷大学法情報研究会 公開研究会
>>2019年度第3回 龍谷大学法情報研究会 公開研究会
>>2019年度第4回 龍谷大学法情報研究会 公開研究会
>>「法教育フェスタ2019」を京都府立図書館で開催【犯罪学研究センター共催】


ファイルを開く

<出場校募集!>第2回オンライン高校生模擬裁判選手権 実施要項