校名の由来と校章

大学の校名は、本願寺の山号である「龍谷」に由来します。親鸞聖人の廟地「大谷」を漢字にあてた「谷龍」(訓はオオタニ)を分かち書きにしたものです。大正7年に発令された大学令にもとづき、同11年、文部省に昇格の申請をしましたが、その際、大学は宗教・宗派の名称を付してはならないことになり、従来の「仏教大学」の名称を急に改める必要が生じたので、熟考の上、さだめたもので、新制大学においてもこれを継承しました。

龍谷大学の校章は、仏教のシンボルである三宝章と、本願寺の紋所である菊くずしを組合わせたものです。すなわち[三宝章画像]は、仏・法・僧の三宝をあらわし、[菊くずし画像]は八角菊くずしの一部です。

校章


このページのトップへ戻る