学修の成果に係る評価

成績評価は、個々の科目について定められている単位数に相当する量の学修成果の有無やその内容を評価するために行われます。成績評価は、一般的に100点満点法で評価され、60点以上の評価を得られた場合に所定の単位が認定されます。

(1)成績評価の方法

成績評価は、おおよそ次の4種類の方法があり、これらのうちの1または2以上を合わせて評価されます。各科目の成績評価方法は、その科目の特性に応じて授業担当者によって定められています。その内容はシラバスに明示されているので参照してください。

  1. 筆答試験による評価
  2. レポート試験による評価
  3. 実技試験による評価
  4. 授業への取組状況や小テストなど、上記試験による評価の他に、担当者が設定する方法による評価

(2)成績評価の基準

  1. 成績評価は、100点を満点とし60点以上を合格、それを満たさない場合は不合格とします。
  2. 一度合格点を得た科目(=既得科目)は、いかなる事情があっても、再度履修し成績評価を受けることはできません。
  3. 履修登録した科目の試験を受験しなかった場合、その試験の評価は0点となります。ただし、この場合でも、試験による評価以外に授業担当者が設定する方法により評価される場合があります。
  4. 段階評価と評点の関係は、次のとおりとします。
    適用入学年度 段階評価と評点
    2004年度以前入学生 A(80~100点) B(70~79点)
    C(60~69点)
    2005年度以降入学生 S(90~100点) A(80~89点)
    B(70~79点) C(60~69点)

    ※2004年度まで使用していた試験欠席を示す「K」表記は、2005年度より廃止しました(全学生に適用)。

  5. 学業成績証明書は、すべて段階評価で表示し、不合格科目は表示しません。
  6. 学業成績表は、第1学期(前期)分を9月下旬、第2学期(後期)分を3月下旬に配付します。

このページのトップへ戻る