社会学研究科(社会福祉学専攻)の「教育理念・目的」と「3つの方針」

社会学研究科の教育理念・目的

社会学研究科は、多様な価値が錯綜する現代社会において、社会学・社会福祉学分野への社会的期待が高まる中、建学の精神に基づき、高度の専門性と実践性を兼ね備えたバランスのとれた高度専門職業人、研究者および教育者としての能力をもつ人材を養成することを目的とする。

社会福祉学専攻

教育理念・目的

修士課程は、現代社会における社会福祉学の専門性と実践性を兼ね備えた高度専門職業人及び研究者を育成することを目的とし、現実の社会福祉問題に直結した研究能力と幅広い実践能力をもつ人材を養成する。

博士後期課程は、社会福祉学の研究方法を身につけ、創造的で自立した研究者を育成することを目的とし、社会福祉問題の分析における高度の研究能力を有する人材を養成する。

学位授与の方針

大学院学生に保証する基本的な資質

修士課程

    備えるべき能力
  • 社会の変化とそれにともなう諸問題を社会福祉の視点からとらえ、理論的基盤をもとに多角的に分析・理解することができる。
  • 人々とともに社会福祉問題に対応する目標を定め、多様な方策を実践的に検討・考案し、実施することができる。
  • 社会福祉学の分野で理論・実証・応用にわたる幅広い研究方法を理解し、それらを駆使して独自性のある修士論文を完成することができる。
    将来発揮することが期待される能力
  • 複雑な社会福祉問題を調査・分析・洞察し、その結果を主体的・論理的に説明することができるようになる。
  • 問題への対処にあたり、先行研究と先行実践の知見を踏まえ、自立した専門職業人として判断・行動するとともに、新しいプログラムを提案・企画することができるようになる。
  • 継続的に知識や理解を深め、問題解決のためのスキルを高めることができるようになる。

博士後期課程

    備えるべき能力
  • 社会福祉領域における基本理念や概念を理解し、歴史的・社会的背景にてらしてそれらを解釈し評価できる。
  • 関連領域の概念や原理についても理解し、社会福祉における概念や原理との有意義な統合をはかりつつ、社会福祉の固有性を説明できる。
  • 既存の援助方法を理解し、駆使することができるとともに、現実の社会福祉問題にてらして援助方法の意義と問題点を評価することができる。
    将来発揮することが期待される能力
  • 科学的研究方法を用いて複雑な社会福祉問題の実体を明らかにし、ミクロからマクロにわたる解決策を導き出すことができるようになる。
  • 国際的共通課題に対応する新しい理論・技術の開発と教育・研究に実質的に貢献できるようになる。
  • 高度専門職業人として社会福祉実践の向上と社会福祉制度の改善に責任ある役割をになうことができるようになる。

学位授与の諸要件

修士課程

  • 修士課程に2年以上在学すること。
  • 正規の授業を受け所定の科目について30単位以上を修得すること。
  • 龍谷大学大学院社会学研究科指導要項に基づき、必要な研究指導を受けた上、修士論文を提出して、龍谷大学大学院社会学研究科修士論文審査規程に基づき審査および最終試験に合格すること。

博士後期課程

  • 博士後期課程に原則として3年以上在学すること。
  • 正規の授業を受け所定の科目について12単位以上を修得すること。
  • 龍谷大学大学院社会学研究科指導要項に基づき、必要な研究指導を受けた上、博士論文を提出して、龍谷大学大学院社会学研究科における博士学位の授与に関する内規に基づき審査および最終試験に合格すること。

教育課程編成・実施の方針

修士課程

  • 社会福祉学の研究の基盤と専門職業人としての実践能力の獲得をめざして、社会福祉問題の理解、実践方法の修得、および研究方法の修得などを達成するため、社会福祉の共通基盤を学ぶ科目とともに、対象者や問題の特性に対応した各論科目を設け、演習・講義・実習を組み合わせて履修できるよう、体系的に教育課程を編成する。
  • 院生が研究題目を決定し、研究の目的・内容・方法・参考文献などを記した「修士論文作成研究計画書」を作成して研究に着手し、中間報告会で研究成果の中間まとめを発表するなど、計画的に研究をすすめ、演習における発表・討議をふまえて推敲し、最終的に修士論文にまとめるよう演習担当教員が指導する。
  • 社会学研究科FD委員会において、教育課程編成・実施にかかわる教育の姿勢について検討し、短期・中期・長期課題をあげて段階的にカリキュラムの改善を図る。
  • 複雑で多様な社会福祉問題に直結した研究能力と幅広い実践能力をもつ人材を育成するため、教育課程の実施に際しては、現場主義を基本にし、国際化に努める。

博士後期課程

  • 自立した研究者および高度専門職業人として必要な社会福祉思想の深化、社会福祉制度の改善と社会福祉実践の向上に資する高度な能力を獲得するため、多様な演習を設け、体系的に教育課程を編成する。
  • 院生が研究題目を決定し、「研究計画書」を作成して研究に着手するよう演習担当教員が指導する。博士論文提出前年度までは、毎年度、中間報告会で研究成果の中間まとめを発表するなど、計画的に研究をすすめ、年度末には「研究経過報告書」を提出させる。さらに、「論文執筆計画書」などによる「博士論文執筆資格審査」を受け、博士論文草稿の提出とその口頭発表(公開)を要件とする「博士論文事前審査」に合格し、最終的に博士論文にまとめるよう演習担当教員が指導する。
  • 社会学研究科FD委員会では、課程博士学位取得にいたる教育課程編成・実施について、総合的かつ継続的に検討し、必要な改善を図る。
  • 学会発表や学会誌など学術雑誌への投稿によって、研究成果を公表し、博士論文を計画的かつ着実に作成するよう、一年次より指導教員(1名)および副指導教員(2名)の合同体制で指導に努める。

入学者受入れの方針

修士課程

    修士課程では、現代社会における社会福祉学の専門性と実践性を兼ね備えた高度専門職業人および研究者を育成することを目的とし、現実の社会福祉問題に直結した研究能力と幅広い実践能力をもつ人材を養成するため、次のような人を求めている。
  • 複雑な社会福祉問題を、社会福祉学的視点から研究したいと考えている人
  • 社会福祉学理論と社会福祉実践について基礎的な知識や能力を有する人
  • 高度専門職業人として社会福祉学的知識や社会福祉実践についての能力を実践的に活かせる場への就職を目指している人

博士後期課程

    博士後期課程では、社会福祉学の研究方法を身につけ、創造的で自立した研究者を育成することを目的とし、社会福祉問題の分析における高度の研究能力を有する人材を養成するため、次のような人を求めている。
  • 様々な社会福祉問題に関して、修士課程での研究を基盤に、より高度なレベルでの社会福祉学的研究に取り組みたいと考えている人
  • 社会福祉学理論や社会福祉実践についての理解力と分析能力を有する人
  • 大学や研究機関等高度な研究能力を必要とする職場、あるいは専門職業人としての高度な実践能力を必要とする職場への就職を目指している人

このページのトップへ戻る