文学研究科(日本史学専攻)の「教育理念・目的」と「3つの方針」

文学研究科の教育理念・目的

文学研究科は、建学の精神に基づき、各専攻領域に関わる文献資料・史料に依拠し、確固たる基礎学力を基盤として独創的かつ精緻な研究を継承発展させ、自立して研究活動を行うのに必要な高度な研究能力、又は高度の専門性を要する職業等に必要な能力を培い、学術の振興と文化の発展に寄与することを目的とする。

日本史学専攻

教育理念・目的

修士課程は、日本史学の基礎的研究能力と専門知識・技能を修得し、洞察力と柔軟性に富み、歴史的主体として現代社会に貢献できる人材を養成する。

博士後期課程は、日本史学の専門知識・技能において特に優れ、かつ洞察力と柔軟性に富み、専門性を発揮する職業人として、また歴史的主体として、現代社会に貢献できる人材を養成する。

学位授与の方針

[大学院学生に保証する基本的な資質]

修士課程

    備えるべき能力
  • 文献史学はもとより考古学・文化財学などを含む、日本史の各時代・領域に関する教育・研究を通して、専門知識・技能を修得し、併せて批判的精神を備えた、より確かな歴史認識をもって、社会に貢献することができる。
    将来発揮することが期待される能力
  • 専門領域における学説・研究の的確な整理と史資料分析、それを踏まえた考察の文章化により、確固たる歴史認識を獲得し、歴史的主体としての自覚的営為により現代社会の諸問題に対応することができるようになる。

博士後期課程

    備えるべき能力
  • 明確な問題意識と学説の批判的継承に基づき、史資料の的確な分析と精緻な論理による研究を行なって、高度な専門知識・技能を修得し、確固たる歴史認識の獲得・提供と洞察力とをもって、社会に貢献することができる。
    将来発揮することが期待される能力
  • 独自の研究的立場の構築はいうまでもなく、世界史認識と日本史全般の専門的知識とを有し、歴史的主体として現代社会の諸問題に対応できるようになることはもちろんのこと、専門職として社会に貢献できるようになる。

[学位授与の諸要件]

修士課程

  • 修士課程に2年以上在学すること。
  • 正規の授業を受け所定の科目について32単位以上を修得すること。
  • 「龍谷大学大学院文学研究科研究指導要項」に基づき、必要な研究指導を受けた上、修士論文を提出し、「龍谷大学大学院文学研究科学位論文審査等規程」に基づき、審査及び最終試験に合格すること。

博士後期課程

  • 博士後期課程に3年以上在学すること。
  • 正規の授業を受け所定の科目について12単位以上を修得すること。
  • 「龍谷大学大学院文学研究科研究指導要項」に基づき、必要な研究指導を受けた上、博士論文を提出し、「龍谷大学大学院文学研究科学位論文審査等規程」に基づき、審査及び最終試験に合格すること。

教育課程編成・実施の方針

修士課程

  • 日本史の基礎的研究能力に優れ、専門知識・技能を有するだけでなく、洞察力と柔軟性に富み、歴史的主体として現代社会に貢献し得る人材を養成するため、政治・経済史はもとより、宗教をはじめとする文化史に関わる授業科目を設けて、日本史学の全体像が把握できるような教育課程を編成する。
  • 演習科目では、古代史・中世史・近世史・近代史・仏教史・考古の6演習を開設して、研究指導を行う。自らの専攻する時代・領域に加えて別に任意の1演習を履修することを課し、より広い知見が修得できるようにする。また、時代毎の特殊研究や文献研究を開講することで、多面的かつ体系的に日本史学を学べるように科目を設定する。
  • 指導教員のもとで行う演習において研究報告が課せられるだけではなく、6つの演習が合同で開催する研究発表会や学内の研究大会での発表を通して研究の進展をはかり、最終的に修士論文にまとめるよう指導する。
  • 学術講演会などに学外の研究者を招聘して、問題関心を拡げる。
  • 各々の問題意識への刺激がより多く得られるように、民俗学・歴史地理学・文化財学などの科目を設置する。

博士後期課程

  • 専門知識・技能において特に優れ、かつ洞察力と柔軟性に富み、専門性を発揮する職業人として、また歴史的主体として、現代社会に貢献し得る人材を養成するため、修士課程からの継続性を重視した諸分野に関わる授業科目を設けて、日本史学の全体像が把握できるような教育課程を編成する。
  • 演習科目では、古代史・中世史・近世史・近代史・仏教史・考古の6演習を開設して、研究の指導・支援を行う。独自の研究的立場の構築はいうまでもなく、より広く深い知見が修得できるように、必修ではないが時代毎の特殊研究や文献研究の履修も促す。
  • 指導教員のもとで行われる演習において研究報告が課せられるだけではなく、6つの演習が合同で開催する研究発表会や学内の研究大会での発表、学術雑誌への投稿を通して研究の進展をはかり、最終的に博士論文にまとめるよう指導する。
  • 学術講演会などに学外の研究者を招聘して、問題関心を拡げる。なお、博士論文については、学外の審査を要する学術雑誌に掲載された最低1論文を含めることを条件とする。
  • 各々の問題意識への刺激がより多く得られるように、民俗学・歴史地理学・文化財学などの科目を設置する。

入学者受入れの方針

修士課程

修士課程では、広い視野に立って豊かな学識を身に付け、各専攻の学術の基本を修得した上で、さらに進んで各専攻分野における基礎的な研究能力を高め、加えて積極的な学術研究への取り組みを通じて、より高度な専門性が求められる職業を担うための卓越した能力を培うことを目的とし、洞察力に富んだ人材を養成することを目指している。このような観点から、次のような人を求めている。

  • 専攻分野に関する基礎的な研究能力をもった人
  • 積極的な学術研究に取り組みたいと考えている人
  • 高度な専門性を活かした社会貢献を目指している人

博士後期課程

博士後期課程では、各専攻分野において、進取の気概をもって学術研究を推進し、研究者として自立した研究活動に従事することができ、加えて、より高度に専門的な学術業務に従事するのに必要な研究能力、及びその基礎となる豊かな学識を養うことを目標とし、積極的に学術文化の向上と社会の発展に寄与する人材を養成する。このような観点から、次のような人を求めている。

  • 研究者として自立した研究能力をもった人
  • 高度な学術専門業務に従事しようと考えている人
  • 積極的に学術文化の向上と社会発展に寄与することを目指している人

このページのトップへ戻る