龍谷チャレンジ

龍谷チャレンジとは?

龍谷チャレンジとは学生らしい自由な発想でかつ特色ある活動を志している自主活動団体に対し、資金面の援助を行い、広く社会にアピールすることを目的としています。以前のSMAP計画とは異なり、一般同好会も援助の対象とし、より幅広い学生に本制度を利用してもらうことを目標としています。

こんな活動が対象です(活動内容事例)

地域(商店街)活性化支援運動 町・村起こし支援 NGO・NPO・ボランティア活動 地域コミュニティー普及活動(福祉・教育関連等) 障がい者支援プロジェクト マナーアップ普及プログラム 地域交流活動(地域との交流を目的としたイベント<スポーツ・文化等>) 本学のPR活動(地元高校等での広報活動等) 一般同好会活動にかかる大規模な大会への出場 学生活性化活動など

2013年度SMAP計画応募プロジェクト一覧

Take Action Project

「①龍大生に対して自分らしい学生生活の意義目的を見出すこと」、「②龍大生のロールモデルを創出すること」、「③他学部他学年の学生同士を引き合わせて、新しいコミュニティを創り出し、大学全体を活性化するために環境づくりとなるイベントを定期的に開催する」。これにより龍大生の意識を高めることを目標とする。

中間報告はこちら 

 

みらいの環境を支える龍谷プロジェクト

住民団体、弁護士、司法書士、税理士と協同し、「通り」と「町家」というキーワードを軸に京都のまちの歴史的変遷(“京・景観ストリートヒストリー”)の調査を行い、そこから京都の「みらい」像とそのまちづくり構想をする。

中間報告はこちら 

 

京都地域経済研究プロジェクト

京都に多く立地するユニーク企業の中からハイテク分野の企業に焦点を絞り、研究を行うことにより、京都企業の強さや競争優位の地域的な要因を明らかにする。また、スピンオフ企業を多く排出している浜松市で現地調査を行い、先進地域と京都を比較し、更なる京都の特徴を明らかにする。

中間報告はこちら 

 

龍谷大学生有志の会

農業について学生に興味・関心を持ってもらうため、大津市堂町にて野菜の栽培を行う。食育や地産地消についても目をむけ、一人暮らしをしている学生の健康増進等につなげる。また、堂町の行事にも積極的に参加をし、地域交流を促進させると共に堂町の歴史や文化を学ぶ。

中間報告はこちら 

 

プロジェクト ゴンドリエーレ

使われていない琵琶湖の伝統木造船を再生し、瀬田の湖岸水路などでの回遊ルートを構築し、試乗会の開催を目指す。また、水辺の環境の美化や伝統文化の体験などにも積極的にかかわり、地域と大学の交流を推進する。

中間報告はこちら 

 

龍谷大学おにぎり開発委員会

琵琶湖固有種のホンモロコは京都・滋賀において古来から高級魚として扱われ、親しまれていたが、近年は知名度の低迷や養殖業の担い手の不足による出荷数減少などの課題をかかえている。当プロジェクトでは産官学連携をし、ホンモロコを具材としたおにぎりを販売することにより、ホンモロコの知名度向上と市場の活性化に貢献することを目標としている。

中間報告はこちら 

 

過去8年間の採用プロジェクトはこちら

このページのトップへ戻る