気象警報発令および交通機関の運行中止に伴う授業および
定期試験の取り扱いについて

暴風警報、暴風雪警報、特別警報及び特別警報に位置づける警報が発令された場合や交通機関の運行中止が発生した場合の授業および定期試験(以下「授業等」という。)の休講措置の実施または授業等の再開は、「授業休止の取扱基準」に基づき以下のとおりとします。

1.気象警報発令時の授業等の取り扱いについて

以下のいずれかの地域に暴風警報、暴風雪警報、特別警報(大雨、暴風、暴風雪、大雪、波浪、高潮)、特別警報に位置づける警報(地震・津波・噴火)(以下「警報」という。)が発令された場合の休講措置の実施または授業等の再開は次のように取り扱います。

<地域>
  1. 京都府南部(京都・亀岡、南丹・京丹波、山城中部、山城南部)
  2. 大阪府(北大阪、大阪市、東部大阪、泉州、南河内)
  3. 滋賀県南部(近江南部、東近江、甲賀)
  4. 兵庫県南部(阪神)

(1)警報が午前6時30分時点で発令されている場合

6:30
6:30時点で警報が発令されている場合
授業等の取り扱い
1・2講時は休講


(2)警報が午前6時30分から1講時開始までの間に発令された場合

6:30~1講時
6:30から1講時開始までの間に警報が発令された場合
授業等の取り扱い
1・2講時は休講


(3)警報が午前6時30分から午前10時30分の間に解除された場合

6:30~10:30
6:30から10:30の間に警報が解除された場合
授業等の取り扱い
3講時から実施
(1・2講時は休講)


(4)警報が午前10時30分以降も発令されている場合

10:30~
10:30以降も警報が発令されている場合
授業等の取り扱い
3~5講時は休講


(5)警報が午前10時30分から午後2時の間に解除された場合

10:30~14:00
10:30~14:00の間に解除された場合
授業等の取り扱い
6講時から実施


(6)警報が午後2時以降も発令されている場合

14:00~
14:00以降も警報が発令されている場合
授業等の取り扱い
終日休講


(7)警報が授業等の実施中に発令された場合※

警報発令時(授業中)~
警報が授業等の実施中に発令された場合
授業等の取り扱い
その都度、学長が休講措置の実施時刻を判断する。


※警報が上記(3)(5)の時間内に解除された場合は、それぞれに記載の「授業等の取り扱い」に基づき、授業等を実施します。

(注1)上記の警報が発令された場合は、身の安全を確保することを最優先に考えて行動してください。また、警報発令時に大学構内にいる学生は、大学の指示に従ってください。

(注2)特別警報ではない大雨警報、大雪警報、波浪警報、高潮警報、および、注意報のいずれかが発令された場合は休講になりませんが、十分注意してください。

2.交通機関の運行中止に伴う授業等の取り扱いについて

(1)以下のうち、2つ以上の交通機関(区間)の運行が全面的または部分的を問わず中止された場合の休講措置の実施または授業等の再開は、次のように取り扱います。
(2)瀬田学舎は以下に加えて、JR(京都~米原間)または帝産湖南交通(JR瀬田駅~龍谷大学間)のいずれか1つの運行が中止された場合も、次のとおり取り扱います。

「運転見合わせ」の場合は、休講とはなりませんので注意してください。ただし、通学不能または通学困難と学長が認めた場合は休講とする場合がありますので、その都度、大学のホームページ及びポータルサイトを必ず確認してください。
<交通機関>
  1. JR(米原~西明石間)
  2. 京都市営バス・京都市営地下鉄(全区間)
  3. 京阪電車(出町柳~淀屋橋間)
  4. 阪急電車(河原町~梅田間、梅田~神戸三宮間)
  5. 近鉄電車(京都~橿原神宮前間)
運行状況・時刻 授業等の取り扱い
(1)午前6時30分時点で運行を中止している場合 1・2講時は休講
(2)午前6時30分から1講時開始までの間に運行中止となった場合
(3)午前6時30分から午前10時30分の間に運行が再開された場合 3講時から実施
(1・2講時は休講)
(4)午前10時30分以降も運行を中止している場合 3~5講時は休講
(5)午前10時30分から午後2時の間に運行が再開された場合 6講時から実施
(6)午後2時以降も運行を中止している場合 終日休講

<交通機関の運行が授業等の実施中に中止となった場合※>

運行中止時(授業中) 授業等の取り扱い
交通機関の運行が授業等の実施中に中止となった場合 その都度、学長が休講措置の実施時刻を判断する。

※運行の中止が上記(3)(5)の時間内に再開された場合は、それぞれに記載の「授業等の取り扱い」に基づき、授業等を実施します。

3.その他非常時の授業等の取り扱いについて

上記にかかわらず、通学不能または通学困難と学長が認めた場合は、休講とすることがあります。

4.休講措置の実施又は授業等の再開の告知について

休講措置の実施又は授業等の再開については、大学のホームページ及びポータルサイトにおいて、その都度、告知します。
なお、台風等による影響が前日から予想される場合等は、あらかじめその対応について事前に告知します。必ず確認してください。

5.注意事項

(1)定期試験期間中にこの取り扱いが適用された場合、当該試験に関しては別途掲示等により指示します。
(2)警報が発令された場合の区域について、本学の「授業休止の取扱基準」で規定している区域は、気象庁の発表区域に従えば、以下のとおりとなります。
気象庁は、警報・注意報を二次細分区域で発表しますが、これを受けてメディア等では、簡潔かつ効果的に情報を伝えるために、状況に応じて「一次細分区域」、「市町村等をまとめた地域」、「二次細分区域」のいずれかによって該当する区域をお知らせします。下表のいずれかに警報が発令されているか確認するようにしてください。

一次細分区域 市町村等を
まとめた地域
二次細分区域
京都府南部 南丹・京丹波

南丹市,京丹波町

京都・亀岡

京都市,亀岡市,向日市,長岡京市,大山崎町
山城中部 宇治市,八幡市,城陽市,京田辺市,久御山町,宇治田原町,井手町
山城南部 木津川市,和束町,精華町,笠置町,南山城村
大阪府 大阪市 大阪市
北大阪 豊中市,池田市,吹田市,高槻市,茨木市,箕面市,摂津市,島本町,豊能町,能勢町
東部大阪 守口市,枚方市,八尾市,寝屋川市,大東市,柏原市,門真市,東大阪市,四條畷市,交野市
南河内 富田林市,河内長野市,松原市,羽曳野市,藤井寺市,大阪狭山市,太子町,河南町,千早赤阪村
泉州 堺市,岸和田市,泉大津市,貝塚市,泉佐野市,和泉市,高石市,泉南市,阪南市,忠岡町,熊取町,田尻町,岬町
滋賀県南部 東近江 近江八幡市,東近江市,竜王町,日野町
近江南部 野洲市,守山市,草津市,栗東市,大津市南部
甲賀 甲賀市,湖南市
兵庫県南部 阪神 神戸市、尼崎市、西宮市、芦屋市、伊丹市、宝塚市、川西市、三田市、猪名川町

【注】二次細分区域は、市町村を原則としますが、一部の市町村では、それらが分割されて設定されるケースがあります。本学「授業休止の取扱基準」で規定する区域では、大津市がこれに該当し、北部と南部に分割され、大津市南部のみが基準の該当区域となります。(大津市北部に暴風警報、暴風雪警報、特別警報、特別警報に位置づける警報が発令されても休講とはなりません)。

以上

このページのトップへ戻る