• HOME
  • > 最新情報

最新情報

創立370周年記念式典を挙行しました

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2009年10月26日

式典会場となった顕真館
式典会場となった顕真館
若原学長式辞
若原学長式辞
手打ち式
手打ち式
理事長式辞
理事長式辞
鏡割り
鏡割り
茂山一門による狂言
茂山一門による狂言

 2009年10月24日(土)、龍谷大学創立370周年記念式典が深草キャンパスにおいて挙行されました。

 実施会場の顕真館には500名を超える来賓・招待者が一堂に集い、ともに創立370年を祝いました。

 式典入場は、学生が掲げる学友会旗が多数並ぶ中、吹奏楽部のウェルカム演奏でお迎えし、図書館2階からのキャンパス全景を見わたしてからの入場となりました。
 式典会場には、本学創設者である本願寺第13世「良如上人」の御徳を偲ぶと共に、島地黙雷・赤松連城らをヨーロッパに派遣し、学制の近代化をはかった大改革を断行された本願寺第21世「明如上人」の肖像画を壇上に飾り、本願寺ご門主様の御臨席を賜り、国内外の大学の学長をはじめ、企業、近隣自治体、連携校、関係校など多くの来賓の方々にご出席を賜りました。
 京都府知事 山田啓二様のご挨拶があり、出席者全員で真宗宗歌を歌った後、本学卒業生でオペラ歌手の花月真氏の歌と男声合唱団・、混声合唱団による合唱とマンドリンオーケストラによる奉賛演奏を行い音楽法要が営まれました。
 その後、龍谷大学理事長 橘 正信式辞、龍谷大学若原道昭学長式辞、文部科学大臣祝辞があり、「龍谷大学学歌」を参加者全員が斉唱し、閉会の辞が述べられ終始厳粛な雰囲気の中、記念式典が執り行われました。  
 式典の模様は、WEB配信がなされ、翌日には多くの新聞紙面に龍谷大学創立370周年が掲載されました。

 その後、会場をウェスティン都ホテル京都に移し、記念祝賀会を開催、本願寺ご門主様の御臨席、京都市長門川大作氏、国民栄誉賞衣笠祥雄氏をはじめ、500名を超える来賓をお迎えし、京都の伝統「手打ち式」「茂山一門による狂言」の催しを交え、終始なごやかなムードに包まれる中、祝賀会が開催されました。

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る