• HOME
  • > 最新情報

最新情報

龍谷大学法科大学院の学生募集停止について

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2014年3月28日

 この度、本学は、2015年度以降の法科大学院の学生募集停止を決定いたしました。

 本学の法科大学院は、「建学の精神」と日本国憲法の精神を尊重する本学の「法学教育の理念」に基づき2005年4月に開設されて以来、「市民のために働く法律家の養成」を理念に掲げ、法曹養成に努めてきました。その結果、本学法科大学院を修了して法曹となったいずれもが、弁護士や裁判官として市民のために社会で活躍しています。「建学の精神」に培われ、高い倫理観を有し、柔軟で創造的な問題解決能力をもった人材を法曹界に送り出してきたことは、社会から人材育成を付託されている高等教育機関として、大きな社会的責務を果たしてきたと考えています。

 その一方で、法科大学院を取り巻く環境に目を向けると、司法制度改革の重点課題のひとつに位置づけられた法科大学院は、法曹を志願する者が全国的に激減する等、法科大学院制度を導入した当初には想定し得なかった諸事情が重なり、極めて厳しい状況の下におかれています。
 現在、政府等において法曹の養成に関する制度の在り方について検討が進められているところですが、日本の法曹養成制度の在り方の根幹が問われる事態が生じており、大学での法曹養成教育の改善課題に関しても種々の議論が重ねられているところです。

 これらの極めて厳しい環境の中、本学法科大学院においても、入学者数等に大きな影響が生じる状況となり、2011年度入学者を対象とした抜本的な法科大学院改革以降、順調に入学者を確保できていた状況から一変し、大きく入学定員を割り込む結果となりました。また、2014年度の入学者についても受験状況からみて、入学定員を割り込むことは必至の状況です。
 このような状況を踏まえて、慎重かつ丁寧に検討を積み重ねた結果、理論と実践を架橋した教育をとおして「市民のために働く法律家」を養成するという本学法科大学院の教育理念を、将来にわたって継続的に実現していくことは困難であると判断し、学生募集の停止を決断するに至りました。

 しかし、本学には、1968年に法学部を創設して以降40有余年もの長きにわたる歴史のなかで連綿と受け継がれてきた法学教育の伝統と実績があります。これを継承しつつ、法科大学院において培った法曹養成の経験を加えて、法学部における今後の教育を一層充実させるべく、学部全体の教学改革とともに、従来の法曹志望者に加え、法律系公務員志望者、法律関係職志望者等を対象に、「少人数授業」、「目標とする卒業生との交流」、「現場からの動機づけ」の3つの指針を基調とする新たな法学教育の検討を進めてまいります。

 本学法科大学院は、2015年度以降の学生募集を停止しますが、高等教育機関としての責務を最後まで確実に果たすべく、在学するすべての学生が修了するまでの間は、これまでと同様の教学支援・学生指導体制を継続いたします。また、研究生を含むすべての修了生に対するサポートについても引き続いて実施します。そして、本学法科大学院の教学理念の「市民のために働く法律家」を養成すべく司法試験の合格に向けて全力で支援してまいります。

2014(平成26)年3月28日
龍谷大学       
学長 赤松 徹眞

龍谷大学法科大学院ホームページ

【法務研究科長】龍谷大学法科大学院の募集停止および廃止に寄せて

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る