Need Help?

About

大学紹介

国際学研究科(国際文化学専攻)の「教育理念・目的」と「3つの方針」

国際学研究科の教育理念・目的

建学の精神に基づいて、グローバル化の加速的な進展のなかで、現在の国際社会が直面している諸課題・諸現象と批判的に向き合い、多様な文化が共生する社会の実現に向けて、国際的な舞台でリーダーシップを発揮し活躍できる高度専門職業人・実務家・研究者の養成を目的とする。

国際文化学専攻

教育理念・目的(修士課程)

相互依存が著しく進む現代世界が直面する新たな諸現象・諸問題を、文化の視座から批判的に考察し、高度な専門的知識と外国語能力を発揮して解決方法を探求することができる人材、また得られた知見を高度専門職業人・実務家・研究者として発信できる人材を養成する。

教育理念・目的(博士後期課程)

相互依存が著しく進む現代世界が直面する新たな諸現象・諸問題を、文化の視座から批判的に考察し、高度な専門的知識と外国語能力を発揮して、その解決方法を国際的な舞台で提言し、多文化が共生できる社会の創造に高度専門職業人・研究者として貢献できる人材を養成する。


学位授与の方針

大学院学生に保証する基本的な資質

修士課程

備えるべき能力

  • 日本、共生社会、言語文化、宗教文化、芸術・メディアなどの研究内容について国際的な視野の中で位置づけたうえで理解することができる。
  • 相互依存が著しく進む現代世界が直面する新たな諸現象・諸問題を、文化の視座から批判的に考察することができる。
  • 高度な専門的知識と外国語能力を発揮して解決方法を探求することができる。

将来発揮することが期待される能力

  • 国際文化学の総合的知識や専門分野の知識を、多角的に活用できる。
  • 研究を通じて得られた知見を高度の専門的職業人・実務家として発信し、社会に貢献することができる。

博士後期課程

備えるべき能力

  • 変化の著しい国際社会を、文化の視点を軸として複合的かつ批判的に理解することができる。
  • 既存の研究と比較して自らの研究テーマを適切に位置づけ、特定の課題についての独自の解決方法を内外に向かって提言することができる。
  • 多様化する国際社会が抱える諸課題を文化の観点から批判的に理解したうえで独自の視点から説得力ある議論を展開することができる。

将来発揮することが期待される能力

  • 高い職業的倫理観と責任感を持って、自立した研究者あるいは高度の専門的職業人として社会に貢献することができる。
  • 語学力、文献検索能力、フィールドワークの能力などを活かして、日本や世界において活躍することができる。

学位授与の諸要件

修士課程

  • 修士課程に2年以上在学すること。
  • 正規の授業を受け、所定の科目について30単位以上を修得すること。
  • 必要な研究指導を受けたうえ、修士論文を提出してその審査および最終試験に合格すること。

博士後期課程

  • 博士後期課程に3年以上在学すること。
  • 所定の科目について12単位以上を修得すること。
  • 必要な研究指導を受けたうえ、博士論文を提出してその審査及び最終試験に合格すること。

教育課程編成・実施の方針

修士課程

  • 国際文化研究の多様な側面を理解し、その中で自分の方法論を確立していくために、「国際文化学」「調査方法論」を必修として配置する。
  • 1年次から演習を配置し、指導に当たる主・副となる教員の指導を受けることで、研究遂行にあたっての基礎知識を修得し、自らの研究テーマに関わる分析力・考察力を養い、修士論文を作成する。
  • 日本、共生社会、言語文化、宗教文化、芸術・メディアに関連する専門科目を設ける。これらの専門科目においては、各自の研究テーマに必要な語学能力、文献探索能力、フィールドワークの能力などを身に付けられるような授業内容とする。

博士後期課程

  • 演習指導を通じて、専門的知識をさらに深めるのみならず、複合的・学際的視点を用いて、設定したテーマにアプローチできるための幅広い学術的研鑽を積み重ねる。
  • 研究科内外での学会や研究会において発表を行い、内外の研究者との交流を深めるとともに、将来自立した研究者となるために必要なさまざまな能力を構築する。
  • 先行研究によっても十分解明されていない論点について学術的にも貢献できるように、研究の射程ならびに研究の方法論について独自の視点をもてるようにする。
  • 1年次から演習を配置し、主・副担当教員からの助言と指導をもとに、自らの研究テーマに関わる分析力・考察力を養い、博士論文を作成する。

入学者受け入れの方針

修士課程

相互依存が一層著しく進む現在の世界が直面する諸課題に対して、文化という観点から批判的に研究を遂行し、その研究で得られた知見を国際社会のなかで専門的かつ実践的に発揮できる人材を養成する。

そのため、次のような関心・目標等を持った人材を受け入れる。

  1. 国際的な視点に立脚し、各自の専門性を活かした職業を担うために、国際文化研究の領域において意欲的に研究を進めようとする人
  2. 日本、共生社会、言語文化、宗教文化、芸術・メディアなどに関するテーマを、国際的な視野に基づく学問の理論と方法論で研究することを目指す人
  3. 国際社会で自らの専門性や実践能力を示そうと志す人

博士後期課程

修士課程で身に付けた深い学識と研究能力、フィールドワークや研究遂行の過程で得た知見・技能・経験・高い外国語能力を土台とし、独創的で高度な水準の研究を行うことのできる自立した研究者、国内外の研究機関で活躍し、国際文化学の発展に貢献できる人材、多文化の共生する社会の実現に向けて学術的・実践的な側面から貢献できる人材を養成する。

そのため、次のような関心・目標等を持った人材を受け入れる。

  1. 国際的および学際的な視点に立脚するとともに、自らの専門的知識に基づいて、国際文化研究の領域における新たな知の地平を切り開こうとする人
  2. 大学院修士課程までの研究において、基礎的研究能力をすでに有していることを示せる人
  3. これまで十分解明されていない論点について、独自の学術的貢献を果たしたいという意欲を持つ人