ハラスメントに対する龍谷大学の基本姿勢

龍谷大学は、建学の精神に基づき、学生及び職員並びに本学にかかわるすべての人々が、人権を尊重し、相互に信頼し、快適に学び働くことができる環境を、維持・向上しています。

ハラスメントは、人間としての尊厳を侵害するのみならず、大学における学生及び職員の平穏かつ快適な教育、研究及び学習並びに就労環境を破壊する重大な行為の一つです。したがって、いかなる個人によるいかなる形態のものであっても、ハラスメントと見なされる行為がそのまま黙認又は看過されることがあってはなりません。

このようなことから、龍谷大学は「ハラスメントの防止等に関する規程」を制定し、ハラスメントの発生を事前に防止するための啓発活動に努めるとともに、万一、ハラスメントと見なされる行為が発生した場合、当該行為の解決に向けて適正に対処できる手続を予め明確にし、ハラスメントの防止・解決に努めています。

このページのトップへ戻る