Need Help?

Special

卒業式・入学式

2019年度 入学式 式辞

経済学部、経営学部、法学部、政策学部、法学研究科、経済学研究科、
経営学研究科、政策学研究科のみなさまへの式辞

 新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。龍谷大学を代表して、皆さんに心からお祝いを申しあげます。また、本日ご列席のご家族の皆さまにも心よりお慶びを申しあげます。

 龍谷大学は、「真実を求め、真実に生き、真実を顕かにする」ことのできる人間の育成に努める大学です。龍谷大学での学び、それは人生に深みと広がりをもたらします。いかに自分はこれまで物事を浅く考えていたか、いかに自分はこれまで狭い世界に閉じこもって世の中を見ていたか。こうしたことに気づかせてくれるのが龍谷大学です。

 わが龍谷大学は君たちを偏差値だけで見たりはしません。一人ひとりがかけがえのない人間であると受けとめ、人間としての成長をしっかりと支え続けます。人生においてターニングポイントとなる、大事な学生生活です。ぜひとも充実したものにしてください。何事をなすにも、大事なのは「情熱と志」です。皆さんの中に眠っている可能性を開花させるべく、どうか「努力」を惜しまないでください。

 努力ということに関して思い起こす人がいます。先日、引退会見を行ったシアトル・マリナーズのイチロー選手です。野球界で素晴らしい記録を打ち立てました。

 イチロー選手は誰よりも多く素振りをし、誰よりも多く練習をする選手でした。まさに彼は努力の人でした。そして、イチロー選手は誰よりも丁寧に時間をかけてグラブの手入れをしていたそうです。彼は野球という競技に敬意を払っていたのです。野球に向き合う彼の真摯な姿勢そして日々のたゆまぬ努力が大記録を樹立させたのです。

 皆さん方は本日龍谷大学に入学されました。大学は学問をするところです。学問が皆さんを今いる位置から高みへと導きます。どうか、学問に敬意をもってください。イチロー選手が丁寧にグラブの手入れをしたように、日々の講義を大事にしてください。

 努力の人イチロー選手の引退会見で印象深い場面がありました。彼は次のように言いました。

 「アメリカでは僕は外国人です。外国人になったことで人の心をおもんばかったり、痛みがわかったり、今までなかった自分が現れたんですよね」と。

 「今までなかった自分」が現れたとイチロー選手は語りましたが、君たちもいま、学ぶ環境が変わりました。新たな人との出会いは、新たな人間関係を構築させます。イチロー選手のように、人の心をおもんばかったり、人の痛みがわかったりすることで、「今までなかった自分」が現れることを期待します。とりわけ龍谷大学は人の悲しみ、人の痛みのわかる学生を育成することに力を注いでいます。

 努力と言えば君たちの先輩にもロールモデルはいます。本学法学部出身で全盲の弁護士である竹下義樹さんです。竹下さんは中学3年生の時に網膜剥離になり失明しました。20歳のとき本学に入学して、30歳の時に点字受験で司法試験に合格しました。在学中は京都市内の病院でマッサージ師として勤務しながら法律の勉強を夜遅くまで続けていたとのことです。ハンデキャップを背負っていても、弁護士となって社会に貢献したいとの強靱な意志が竹下弁護士を生み出したのです。

 社会貢献と言えば、皆さんは近江商人というのをご存知でしょうか。近江というのは今の滋賀県地方のことです。中世から活躍した近江商人は江戸時代に活動範囲を全国に広げていきました。近江商人は「売り手よし、買い手よし、世間よし」の「三方よし」という発想をもってビジネスを展開していたと言われます。

 自己利益だけでなく、買い手が心の底から満足することを大事にし、さらには「世間よし」の言葉に見られるように、社会に貢献しなければならないという考えをもっていました。努力の方向が自己満足ではなく、他者の利益、社会の利益に向けられていたことは大いに注目すべきです。近江商人の活動の根底に仏教、とりわけ浄土真宗があったことは、学生諸君の宗教に対する見方を変えるものかと思います。

 もはや自己利益だけを追求する時代ではなくなっています。自己利益のみの追求が格差社会を生み出し、地球環境を悪化させているとの認識は確実に広まりつつあります。仏教の「利他の精神」を新たな経済モデルにしようとしている企業経営者もいます。環境ビジネスに長年従事されているアミタ株式会社の社長熊野英介氏はそのひとりです。

 利他とは、利益の利、他者の他、と書きます。他者の幸福のために活動することです。熊野さんは、他者のため、社会のためといった利他的な欲求に根付いた経済モデルをつくること、それをもって新産業革命を起こしたいと言われています。

 新たな価値を生み出すことは混迷の闇を深めている現代社会にとっては急務のことです。新入生の皆さんにとってこの4年間は新たな価値を探す旅になると思います。教員、職員はそれを全力でサポートします。

 皆さんが入学した龍谷大学の歴史は古く、その始まりは1639(寛永16)年にまで遡ります。西本願寺境内に設けられた教育施設「学寮」がその出発点です。龍谷大学は今年、創立380年を迎えました。そして、さきほど公表されたように、5月より「平成」が「令和」に変わります。記念すべきメモリアルイヤーに皆さんは入学されたのです。

 龍谷大学の長い伝統は深い人間洞察の気風を育みました。これは、激動の鎌倉時代を生きた親鸞聖人の生き方に由来します。親鸞聖人は人間の根源的なありようを問いかけました。龍谷大学は創立以来、親鸞聖人が開かれた浄土真宗の精神を建学の精神に掲げ、現在に至っています。

 いま龍谷大学を特色づけるのは、他者と共に生きていく姿勢を形成しようとする空気です。近年、社会貢献活動に関心を示す学生が増えています。ボランティア活動、障がいをもっている学生諸君への支援といった本学学生の取り組みは社会から高い評価を受けつつあります。一方で、残念ながら、今、世界的に他者を排除しようとする排他的感情が渦巻きつつあります。龍谷大学では、すべてのいのちを大切にする利他的な生き方を培います。他者の幸福を願う「利他」は「排他」とは真逆の精神作用です。利他の精神は仏教が長きに渡って育み、伝えてきました。自分さえよければいいという自己中心的な事象が目につく昨今ですが、龍谷大学で学ぶ学生一人ひとりは、折につけ、助け合うこと、支援し合うことの大切さに目覚めるはずです。

 私は創立380周年にあたり、「自省利他」をキーワードとすることにしました。「自省」、自らを省みることです。自分は果たしてこのままでよいのかと自己を省みる。自らが所属する組織は果たしてこのままでよいのかと省みる。そしてさきほどから出ている「利他」。他者に利益を与えること。持続可能社会の実現に必要なのは「自省利他」と判断しています。自省利他の精神に基づく学生諸君の活動を社会にアピールすることも計画中です。

 自分は肝心なことは何も知らなかったと気づくとき、真の学びがスタートします。龍谷大学は、うそ・偽りの人生ではなく、本物の人生を目指す学生を育てる大学です。大学での学びは、高校までの勉強とは異なります。最初のうちはとまどうこともあるでしょう。大学院へ進学された方も、高度な知性が要求されることに対し怖気づく人もいるでしょう。そのとき、どうか自分に問いかけてみてください。「自分は何のためにここにいるのか」と。最初に抱いたはずの大いなる志をどうか忘れないでください。

 日本の大学生の特徴としてしばしば指摘されることがあります。講義中の居眠り、講義中のおしゃべり。これなどは、自分で自分自身の可能性を閉ざしている姿以外の何物でもありません。いま何をなすべきか、いま何の時間なのかを自分に問う習慣が「今までなかった自分」を出現させるのです。現実を直視し、いま自分のなすべきことは何かをつねに問い、着実にステップアップしていってください。

 未来社会を担うのは皆さんです。皆さんが龍谷大学で実り豊かな学生生活、研究生活を送られることを、そして皆さんの前途に輝かしい未来があらんことを願って、私の式辞といたします。

 ご入学まことにおめでとうございます。

2019(平成31)年4月1日

龍谷大学・龍谷大学短期大学部
学長  入澤 崇