Need Help?

Special

卒業式・入学式

2019年度 入学式 式辞

社会学部、社会学研究科のみなさまへの式辞

 新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。龍谷大学を代表して、皆さんに心からお祝いを申しあげます。また、本日ご列席のご家族の皆さまにも心よりお慶びを申しあげます。

 龍谷大学は、「真実を求め、真実に生き、真実を顕かにする」ことのできる人間の育成に努める大学です。龍谷大学での学び、それは人生に深みと広がりをもたらします。いかに自分はこれまで物事を浅く考えていたか、いかに自分はこれまで狭い世界に閉じこもって世の中を見ていたか。こうしたことに気づかせてくれるのが龍谷大学です。

 わが龍谷大学は君たちを偏差値だけで見たりはしません。一人ひとりがかけがえのない人間であると受けとめ、人間としての成長をしっかりと支え続けます。人生においてターニングポイントとなる、大事な学生生活です。ぜひとも充実したものにしてください。何事をなすにも、大事なのは「情熱と志」です。皆さんの中に眠っている可能性を開花させるべく、どうか「努力」を惜しまないでください。

 努力ということに関して思い起こす人がいます。先日、引退会見を行ったシアトル・マリナーズのイチロー選手です。野球界で素晴らしい記録を打ち立てました。

 イチロー選手は誰よりも多く素振りをし、誰よりも多く練習をする選手でした。まさに彼は努力の人でした。そして、イチロー選手は誰よりも丁寧に時間をかけてグラブの手入れをしていたそうです。彼は野球という競技に敬意を払っていたのです。野球に向き合う彼の真摯な姿勢そして日々のたゆまぬ努力が大記録を樹立させたのです。

 皆さん方は本日龍谷大学に入学されました。大学は学問をするところです。学問が皆さんを今いる位置から高みへと導きます。どうか、学問に敬意をもってください。イチロー選手が丁寧にグラブの手入れをしたように、日々の講義を大事にしてください。

 努力の人イチロー選手の引退会見で印象深い場面がありました。彼は次のように言いました。

 「アメリカでは僕は外国人です。外国人になったことで人の心をおもんばかったり、痛みがわかったり、今までなかった自分が現れたんですよね」と。

 「今までなかった自分」が現れたとイチロー選手は語りましたが、君たちもいま、学ぶ環境が変わりました。新たな人との出会いは、新たな人間関係を構築させます。イチロー選手のように、人の心をおもんばかったり、人の痛みがわかったりすることで、「今までなかった自分」が現れることを期待します。とりわけ龍谷大学は人の悲しみ、人の痛みのわかる学生を育成することに力を注いでいます。

 人の悲しみの声、人の苦悶する声に耳を傾ける。声を聞くということから私たちの生き方は変わってきます。自分にとって都合のいい声しか耳に入れなかった自分が変わってくるのです。

 皆さんに紹介したい人物がいます。ユージン・スミス。1918年に生まれたアメリカ人の写真家です。第二次世界大戦でサイパン、沖縄、硫黄島などへ戦争写真家として派遣されました。沖縄で負傷した彼は、戦後、人間存在そのものに対して関心を寄せるようになり、有名な雑誌『ライフ』でフォト・エッセイを連載していました。

 彼が日本の水俣病に関心をもったのは1970年のことでした。彼は妻を伴って、水俣で暮らし始めるようになります。彼は写真でもって水俣病の悲劇を世界に伝えたのです。

 彼の撮った写真の中でも、とりわけ注目を浴びたのが、お風呂場で母親が胎児性水俣病の娘を抱きかかえている写真でした。耐えがたい苦しみの中で生きている親子の写真。母親が娘をみつめる眼差しはどこまでも優しく、母親の笑顔は実に神々しいものです。私がこの写真を初めて見たときの衝撃はいまだに忘れられません。

 チッソという会社が有機水銀を工場廃水として流し続けたことが水俣病の原因です。ユージン・スミスは水俣病を通して世界に向けて大きな問いを投げかけたのです。「経済発展を遂げようとしているこの世界は果たしてこのままでいいのか」と。ユージン・スミスは写真集『MINAMATA』の序文でこう綴っています。「きづかせることがわれわれの唯一の強さである」と。

 私たちが生きているこの現代社会で、まだまだ気づいていないことはたくさんあります。見落としている事実もたくさんあります。ユージン・スミスの写真は人間存在を実に深いところから問い直しています。ちなみに、ユージン・スミスを主人公とする映画がいま撮影中とのことで、ジョニー・デップがユージン・スミスを演じます。

 若いときに戦争の悲惨さを直視したユージン・スミスの眼差しは、未だ解決を見ることがない紛争問題、環境問題、原発問題にも向けられるべきものです。現代に山積している問題はこれまでの大人たちには解決できていないのです。未来を担う皆さん方が現代の課題に立ち向かっていくのです。よりよき世界の構築に向けて、しっかり学びを深めていきましょう。自分の利益だけを優先する限りは、誰も傷つくことのない世界、誰も排除されることのない世界は構築できません。自己中心性からの脱却こそは人類に課せられた大きな課題です。その意味で、龍谷大学が掲げる「すべてのいのちを尊ぶ精神」から多くのことが学べるはずです。

 さて、皆さんが入学した龍谷大学の歴史は古く、その始まりは1639(寛永16)年にまで遡ります。西本願寺境内に設けられた教育施設「学寮」がその出発点です。龍谷大学は今年、創立380年を迎えました。そして昨日公表されたように、5月より「平成」が「令和」に変わります。記念すべきメモリアルイヤーに皆さんは入学されたのです。

 龍谷大学の長い伝統は深い人間洞察の気風を育みました。これは、激動の鎌倉時代を生きた親鸞聖人の生き方に由来します。親鸞聖人は人間の根源的なありようを問いかけました。龍谷大学は創立以来、親鸞聖人が開かれた浄土真宗の精神を建学の精神に掲げ、現在に至っています。

 いま龍谷大学を特色づけるのは、他者と共に生きていく姿勢を形成しようとする空気です。近年、社会貢献活動に関心を示す学生が増えています。ボランティア活動、障がいをもっている学生諸君への支援といった本学学生の取り組みは社会から高い評価を受けつつあります。一方で、残念ながら、今、他者を排除しようとする排他的感情が世界的に渦巻きつつあります。龍谷大学では、すべてのいのちを大切にする利他的な生き方を培います。他者の幸福を願う「利他」は「排他」とは真逆の精神作用です。利他の精神は仏教が長きに渡って育み、伝えてきました。自分さえよければいいという自己中心的な事象が目につく昨今ですが、龍谷大学で学ぶ学生一人ひとりは、折につけ、助け合うこと、支援し合うことの大切さに目覚めるはずです。

 私は創立380周年にあたり、「自省利他」をキーワードとすることにしました。「自省」、自らを省みることです。自分は果たしてこのままでよいのかと自己を省みる。自らが所属する組織は果たしてこのままでよいのかと省みる。そしてさきほどから出ている「利他」。他者に利益を与えること。持続可能社会の実現に必要なのは「自省利他」と考えています。自省利他の精神に基づく学生諸君の活動を社会にアピールすることも計画中です。

 自分は肝心なことは何も知らなかったと気づくとき、真の学びがスタートします。龍谷大学は、うそ・偽りの人生ではなく、本物の人生を目指す学生を育てる大学です。大学での学びは、高校までの勉強とは異なります。最初のうちはとまどうこともあるでしょう。大学院へ進学された方も、高度な知性が要求されることに対し怖気づく人もいるでしょう。そのとき、どうか自分に問いかけてみてください。「自分は何のためにここにいるのか」と。最初に抱いたはずの大いなる志をどうか忘れないでください。

 日本の大学生の特徴としてしばしば指摘されることがあります。講義中の居眠り、講義中のおしゃべり。これなどは、自分で自分自身の可能性を閉ざしている姿以外の何物でもありません。いま何をなすべきか、いま何の時間なのかを自分に問う習慣が「今までなかった自分」を出現させるのです。現実を直視し、いま自分のなすべきことは何かをつねに問い、着実にステップアップしていってください。

 未来社会を担うのは皆さんです。皆さんが龍谷大学で実り豊かな学生生活、研究生活を送られることを、そして皆さんの前途に輝かしい未来があらんことを願って、私の式辞といたします。

 ご入学まことにおめでとうございます。

2019(平成31)年4月2日

龍谷大学・龍谷大学短期大学部
学長  入澤 崇