Need Help?

Special

卒業式・入学式

2020年度(新2年生)入学式 式辞

社会学部、社会学研究科、農学部、農学研究科のみなさまへの式辞

新2回生の皆さん、昨年は入学式を挙行することができませんでした。大学入学という新たな門出を大学あげてお祝いできなかったことに対し、申し訳なく思っておりました。1年遅れとなりましたが、本日入学式を行ない、学長としてのメッセージを皆さんに届けたいと思います。

この一年、本当に辛い一年であったかと思います。皆さんはよくがんばりました。そして、このコロナが皆さんに教えてくれたものもあったはずです。それは「ありふれた日常」が「かけがえのない日常」であったということ。人間的交流、人とのふれあいというのがどれほど大切なことかということ。それに多くの方が気づいたはずです。

いま、新型コロナウイルスによって人間社会に甚大な被害がもたらされています。当面はワクチンに頼らざるを得ませんが、こうした事態を招いたのは何が主たる要因だったのでしょうか。改めて考えてみなくてはなりません。

自然の奥地にいる野生動物の体を宿にしているウイルスがどうして人間に移ってくるのか。現在、鉱物採掘などのための森林伐採や食肉・ペット利用の野生生物の乱獲などが世界各地で行われています。こうした人間の活動と動物由来の感染症が無関係であるはずはありません。

自己利益を増大させようとする人間の精神性が人間社会に新型のウイルスを招き寄せている現実に目を向けない限り、今回のような感染拡大はこれからも繰り返されるでしょう。問題は、「人間」なのです。紛争、経済格差、二酸化炭素排出など、いま社会課題となっているものは全て人間の行いです。

龍谷大学に学ぶ者は建学の精神に照らして、人間の思考・人間の行いを見つめます。

皆さんはすでに昨年度、必修科目「仏教の思想」を習い、建学の精神についても説明を受けたかと思います。大学は単なる知識を習得するだけの場ではありません。大事なことは人格を形成する場であるということです。その意味で人間関係が重要となります。お互いがお互いを高め合う関係。これを「友」と言います。「友」ということについて少しふれたいと思います。

数年前、農学部のイベントが瀬田学舎で開催されました。ハウス食品の協力を得て、農学部1期生(3回生)を中心に、約80名が17チームに分かれて香辛料を使用した新たな製品を開発するプロジェクトの成果報告会がありました。それに参加して、大変感銘を受けました。

そこに提示された新たな製品は素晴らしいものばかりでした。いくつもの新たな製品が並んでいて非常に感心したのですが、私が最も強く感銘を受けたのは、それぞれのグループの学生諸君の目が生き生きとしていたことです。友だちと苦労しながら、一つのものを創り上げる。恐らく、その達成感で目が輝いていたのだろうと思います。生き生きとしたグループワーク、そういう生き生きと輝く目を、全学の学生諸君が持つことができたならば、素敵な大学になるだろうと思ったものです。

また本学にはチーム・ノーマライゼーションというグループがあります。深草を中心に活動をしています。障がいのある学生を支援する学生グループです。社会学部の学生が友達と共に私のところへやってきました。いろいろ企画があるんです、と目を輝かせながら私に話を聞かせてくれました。助け合う、支え合うことを友達と一緒に実践してくれていました。大学という所は、生涯にわたる友を獲得できる場でもあります。昨年、皆さんはコロナの影響で友達をなかなか作りにくかったかと思います。意外だと思うかも知れませんが、仏教でも真の友人を持つことの大切さを説いています。

仏教経典の中にこんなエピソードが語られています。

ある時、お釈迦さまの弟子のアーナンダがお釈迦さまに向かってこういう質問をしたといいます。「覚りを求めて道を歩もうとしている私たちにとって、もしも同じ道を歩む善き友を得ることができたら、その道はすでに半ばを達成したものと考えてもよろしいでしょうか?」と。

「善友」――仏教読みをすれば「ぜんぬ」といいますが、「善友(善知識)」という言葉は経典の中によく出てきます。その反対は「悪友(悪知識)」です。アーナンダは「善き友と共に歩むことは、すでに仏道修行の半ばを達成したと考えてよろしいですか?」と尋ねた時、彼は恐らく言い過ぎたかなと考えたかと思います。ためらいながら質問したに違いないのでありますが、お釈迦さまの答えは意外なものでした。

「アーナンダよ、それは違う。そういう考えは正しくない。アーナンダよ。我らが善き友をもち、善き仲間と共にあるということは、道の半ばにあたるのではなく、その全てなのだ」。こう答えられたと言います。つまり、善き友を得る、そして善き仲間と共にあるということは仏道修行の全てである、とお釈迦さまは言い切っています。

仏道修行というのは、たいへん厳しいものです。覚りを求めて歩む。これは一人ひとりの道なのです。時にお釈迦さまは、「二人して道を行くな、独りで歩め」というようなことも言われています。もともと仏教というのは、独りで仏道修行をする、ということが常識化していたわけですが、だんだんと集団生活を営むようになります。仏教の集団化が起こるのです。そしてこの時に、個人は同じ志を持った仲間から多くのことを学ぶことができる、教えを学ぶ集団を大切にする、という発想が生まれてくるのです。仏道修行を例に出すまでもなく、今皆さん方は社会学部、農学部といった集団の中にいます。院生の方々は、社会学研究科、農学研究科、その中の一員です。

ところで皆さん、世界で一番長く続いている組織といえば何かご存知でしょうか。 最近は「持続可能性」「サステナビリティ」という言葉が頻繁に出てまいります。資源をはじめ、環境、社会、組織などが将来にわたって継続・発展できるか、という意味で使われますが、実は世界で最も長く持続している組織は、仏教サンガなのです。その中でも、スリランカのサンガを挙げることができます。インドから仏教が伝わったのが紀元前3世紀頃かといわれていますので、それから2300年余りずっと持続しているのです。現存する世界で最も長く続いている組織、それは仏教サンガということになります。

サンガはなぜ持続したか。それは毎月2回、新月、満月の日に、サンガ内でお互いがお互いに反省し合う、「布薩(ふさつ)」という日があるのです。これは仏教僧たちの反省会です。自分自身を検証する。教えに照らされて、そして自らを省みる、そういう習慣が定着していたればこそ、今日まで仏教サンガは持続しているのです。

今、教員の間では盛んに「ファカルティ・ディベロップメント(FD)」ということが行なわれています。自らの教授方法が、果たして学生たちに有効に作用しているかどうかを検証することです。これは欧米で生まれた手法ではありますが、仏教教団は二千数百年に渡って、自己検証を行ない続けているのです。大学も自己点検を盛んに打ち出していますが、学生諸君もぜひ、自分自身の生活を点検してみて下さい。コロナによってステイホームを強いられた時期がありましたが、まさしくステイホームの期間は自分自身を省みる、自分自身を点検する、そういう機会にしていただければと思います。

定期的に自分自身を点検するその時に、友の存在が大いに有効に作用します。「善き友」とはどういうものか。これも仏教経典の中に出てまいります。善き友の三つの要件があると言います。

一つ目は、もしも過ちを犯した時には、すぐに忠告し合うことができる。「コロナがなんぼのもんじゃ。皆でおいしいもの食べに行こう」というのは善き友ではありません。あなたがそう言われたなら、「今はやめとこう」と忠告してあげるのが相手にとって善き友なのです。

二つ目に、友人に良いことがあったら、共に喜ぶことができる。普通、友人に良いことがあって喜んでいると、ともすれば妬みの感情が湧き上がってきます。素直に喜べない。それを、友の喜びを素直に我が喜びとする――仏教の言葉で「随喜(ずいき)」といいます。逆に悲しいことが起こった時には、共に悲しむことができる。それが善き友。

三つ目に友人が困難な状況に陥ったら、力の限りを尽くして助ける。その人が何とか自分の力で立ち上がるように励ます。

友というのは、自分を高めてくれる存在、そしてお互いがお互いを刺激し合える存在です。大学では、社会で生きてゆくための多くの知識、スキルを習得します。しかし何よりも出会いを大切にしてください。そして、かけがえのない友を、どうか皆さん、大切にしてください。そうは言ってもコロナがまた蔓延し、皆さんを不安にさせていることと思います。友達がなかなか作れない、そういう状況にあるわけですが、大学はオンライン上で交流の場を設けるよう、学部で、あるいは学科専攻で、そして先輩たちがあなたたちに呼びかけています。そしてその呼びかけにどうか応えて、自分の方から動き出してください。自分から動かないと状況は変わりません。本日教職員がみなさんに入学式をしてあげようという気持ち、どうかその気持ちを受け止めていただければと思います。

一年遅れとなりましたが、あえて言わせてください。

ご入学まことにおめでとうございます。

2021(令和3)年4月3日

龍谷大学・龍谷大学短期大学部
学長  入澤 崇