Need Help?

Special

卒業式・入学式

2020年度(新2年生)入学式 式辞

文学部、文学研究科、実践真宗学研究科、
国際学部、国際学研究科、短期大学部のみなさまへの式辞

新2回生の皆さん、昨年は入学式を挙行することができませんでした。大学入学という新たな門出を大学あげてお祝いできなかったことに対し、大変心苦しく、申し訳なく思っておりました。1年遅れとなりましたが、本日入学式を行ない、学長としてのメッセージを皆さんに届けたいと思います。

皆さん、この一年本当によくがんばりました。昨年は大学に入ったにもかかわらず、キャンパスライフを満喫することができず、何度もやるせない気持ちになったかと思います。幻滅を味わった方も少なくないはずです。しかし、このコロナによって気づいたこともあったはずです。第一に、「ありふれた日常」が「かけがえのない日常」であったことに。そして第二に、人間的交流の大切さ、人とのふれあいの大切さに。そして、もう一つ、皆さんがステイホームしているときも、みなさんのためにはたらいてくれていた人たちがいることを。見知らぬところで皆さんを支えてくれていた人たちがいることは胸に刻んでおくべきことです。

いま、新型コロナウイルスによって人間社会に甚大な被害がもたらされています。当面はワクチンに頼らざるを得ませんが、こうした事態を招いたのは何が主たる要因だったのでしょうか。改めて考えてみなくてはなりません。

自然の奥地にいる野生動物の体を宿にしているウイルスがどうして人間に移ってくるのか。現在、鉱物採掘などのための森林伐採や食肉・ペット利用の野生生物の乱獲などが世界各地で行われています。こうした人間の活動と動物由来の感染症が無関係であるはずはありません。

自己利益を増大させようとする人間の精神性が人間社会に新型のウイルスを招き寄せている現実に目を向けない限り、今回のような感染拡大はこれからも繰り返されるでしょう。問題は、「人間」なのです。紛争、経済格差、二酸化炭素排出など、いま社会課題となっているものは全て人間の行いです。いまコロナ禍で、どのように私たちが振る舞うかが問われています。コロナを他人事として見ている限り、感染拡大は止まりません。

龍谷大学に学ぶ者は建学の精神に照らして、人間の思考・人間の行いを見つめます。

皆さんはすでに昨年度、必修科目「仏教の思想」を習い、建学の精神についても説明を受けたかと思います。大学は単なる知識を習得するだけの場ではありません。大事なことは、大学は人格を形成する場であるということです。

コロナ禍で社会不安が拡がっているときは、とかく他人に対して攻撃的な言動が目立ちます。自分のいらだちを他者に向けてしまうことは誰にでも起こり得ます。これからリスタートをきる2回生のみなさんに今日は人間の特性である「笑い」ということを伝えたいと思います。

皆さんは、「笑い」というものを、どういうふうに捉えていらっしゃるでしょうか。人間には笑いの感情があります。この笑うというのは人間にしかできません。ところが、私たちが何か悩みを抱えている時、苦しい時、不安にさいなまれている時、誰かと対立している時には、笑いが出てきません。

実は、笑いとはたいへん深いものである、と私は思っております。ここでいう笑いとは人を貶める笑いのことではありません。自分自身に向ける笑いのことです。何か悩みを抱えている時に、その悩みを抱えている自分自身を笑い飛ばす。その笑いは自分自身の心の広さ、あるいは度量の大きさだと思います。だから、何かに悩んでいる時、苦しんでいる時、その苦しみ悩んでいる自分自身をポーンと突き放して、「あっ、私はこんなことで悩んでいたのか」と、そういうふうに自分自身を笑うことができる。これは素敵なことだと思います。

笑いの伝統芸に落語があります。落語というのは、実は仏教から出ています。落語の祖といわれるのは、安楽庵策伝(あんらくあんさくでん)という人です。この方は、浄土宗のお坊さんでした。新京極通りにある誓願寺というお寺の法主であられた、浄土宗西山深草派の一番偉い方でした。その策伝上人が、全国の小咄を集めました。笑い話です。その書物を『醒睡笑(せいすいしょう)』といいます。睡(ねむり)を醒(さ)ます書です。これは今、現代語訳があり、手軽に読むことができます。お坊さんが尊いお話をする、お説教をする。そうすると、聞いているほうはだんだん眠くなってくる。その眠気を醒ます時におもしろい話をする。笑いが起きる。その『醒睡笑』という書物が落語の原点であり、その書物をしたためた安楽庵策伝という方が、落語の祖といわれているわけです。

その安楽庵策伝上人が亡くなられたのが1642年といいます。龍谷大学の原点、西本願寺に学寮が設立されたのが1639年であります。ですからその当時、安楽庵策伝はこの京都に生きておられたわけです。落語というものが仏教から出た、ということですけれども、落語の演目の中には確かに仏教に関する話が非常に多いのです。関心のある方は調べてみてください。

落語ではありませんが、江戸時代にはこういう小話ができています。

浄土宗と日蓮宗がこの京都のまちで反目し、対立し合っていました。それで浄土宗のお坊さんたちは犬を飼い、日蓮という名前をつけて、その犬を毎日いじめていました。日蓮宗のほうも犬を飼って、こちらは法然と名づけ、日蓮宗のお坊さんたちはその犬をいじめていました。ある日のこと、両方が犬の散歩をして出会ったのです。そして、犬同士が喧嘩をし始めたところ、浄土宗のお坊さんたちは自分たちの飼っている日蓮という犬を応援します。浄土宗のお坊さんたちが「日蓮、頑張れ」と。一方、日蓮宗のお坊さんたちは法然を応援して、「法然、頑張れ」と言う。「日蓮、頑張れ」「法然、頑張れ」とわあわあ言っている間に、お互いに自分たちの愚かさに気がついていきます。私たちはなんと浅ましいことをしていたんだ、なんと愚かしい対立をしていたんだ、ということにそれぞれ気がついたというのです。

この江戸時代にできたらしい小咄の源流を探っていくと、実は安楽庵策伝の『醒睡笑』に、天台宗と真言宗がそれぞれ犬を飼って云々という、似たような話が出てまいります。

このように、対立をテーマにして、それを笑い飛ばす。私は、これは日本文化をみるうえで非常に重要なことだと思っています。なぜならば、お互いが、自分たちが正しいと言って他者を攻撃するようなあり方では、対立、争いはいつまでたっても終わらないからです。けれども、そういうあり方を笑い飛ばすということ。日本で大きな宗教戦争がどうして起きなかったか。その原因の一つは、このあたりにあるのではないかと秘かに私は思っています。

どのような環境のなかでも、人間関係というのは実に厄介です。そのなかで必ず対立というものが起きてきます。けれども、ただ相手を攻撃するだけでは、対立、争いは、いつまでたっても終わりません。自分たち自身を、そういう対立のなかに巻き込んでいる、そのあり方というものを笑い飛ばす。つまり、一段レベルを上げて、自分たちのありようを省みる。それが必要になってくるのです。

そして最も厄介なのが、自分自身の中に生まれる対立葛藤です。コロナ禍で自由に身動きがとれない。制約がいろいろかかってくる。そうなるとしたいことができない。理想の自分と現実の自分が分断されてしまいます。もどかしさ、苛立ちの感情が膨らんできます。その時、理想の自分と現実の自分を対話させて、実況中継するもうひとりの自分を創り上げておくのです。つまり、心に余白のスペースを創っておく。ステイホームを余儀なくされたときは、理想の自分に近づけるためには今の自分に何が欠けているかを冷静に見極める時間に当ててみてください。

人間のいのちには限りがあります。大学の在学期間にも限りがあります。限りある時間を不平不満や愚痴で満たしたいという人はいないはずです。残された在学期間、いろいろなことが起きるでしょう。何かもやもやしたこと、葛藤、あるいは苦しみ、悲しみにも遭遇するでしょう。それを乗り越えていくためにも、自分自身が「あっ、なんだ、自分はこんなことで悩んでいたのか」と自分自身を笑い飛ばせるくらいの広い心、大きな度量というものを、ぜひとも備えていただきたいと思います。

龍谷大学の建学の精神は親鸞聖人によって開かれた浄土真宗の精神です。要となるのは、阿弥陀如来の誓願に照らされて、己の自己中心性が顕わになるということです。つまり、仏さまが中心です。私たちは、日常を、意識する・しないに拘らず自分を中心として物事を見て考えています。「仏さまを中心にして見る」とはどういうことかと言うと、自我意識というハードルを低くする。いかに自分が大切なことに気づいていないか、ということに気づかせてもらう。仏さまの前で、いかに自分が至らない存在であるか、いかに自分が狭いものの見方をしている小さい人間であるかということに気づかされる。そのとき、気づく前の自分を大いに笑い飛ばしてください。

私たちは毎日毎日を、1秒1秒、1分1分、時間とともに生きているわけですけれども、その生きていることが、生活をしていることが、どれほど尊いことかということに、残念ながら気づいていない。だから目先のことに振り回され、そして嫌な思いをし、もっと別の所に自分の居場所があるんじゃないかなどということを、ついつい考えてしまうわけです。

仏教を単なる知識として、かったるいというような感じで遠ざけるのではなくて、自分の今のものの見方、考え方、果たして自分の人生はこれでいいのだろうかと、自分自身を省みる一つの大きなきっかけにしてほしいのです。そこに龍谷大学の学生の学びの大きな特質があると考えます。

一年遅れとなりましたが、あえて言わせてください。

ご入学まことにおめでとうございます。

2021(令和3)年4月4日

龍谷大学・龍谷大学短期大学部
学長  入澤 崇