• HOME
  • > イベント情報

イベント情報

2016年度 第4回REC BIZ-NET研究会「磁気冷凍デバイス、マイクロ発電、蓄電技術が拓く新しい未来」

開催日時
2016年9月27日 14:00 〜 2016年9月27日 17:00
開催場所
龍谷大学瀬田キャンパスREC小ホール MAP
お問い合わせ

 磁石・磁気の発見、発明、そしてその利用において、人類は大きな恩恵を受けてきました。
我が国、本田光太郎博士による強力磁鉄鉱「KS鋼」の発明から、100年を迎えます。
また、本学の理工学部開設以来、磁石・磁気に関する研究が続けられ、基礎研究から
実用段階への展開が進んでいます。一方、地球温暖化等の環境問題の大きなうねりの中で、
自然エネルギーの利用に多くの関心が集まっています。
 本研究会ではオゾン層保護や地球温暖化防止に役立つ磁気冷凍技術が注目を集めている
現状から、「磁気冷凍技術について」と題し、ホイスラー合金が磁場変化中に置かれたときに
示す磁気冷凍効果について最初に紹介します。次に、電力の質の向上と安定供給を目的にした
集中・大規模発電から、自然エネルギー利用発電との共存が求められている現状に鑑み、
その一例として、流れている水の持つエネルギーを有効活用する分散型発電の役割を担う
「超低落差型マイクロ水力発電」について事例を含めて紹介します。更に、自然エネルギー
利用発電では蓄電技術が必要不可欠です。ボルタの電池発明以来200年余が経過した現在、
蓄電技術といえば高エネルギー密度、長寿命化、急速充放電化等の要求を満たす技術革新が
進み、電気を「蓄える」と「上手に使う」を実現するスマートシステムが求められていることから、
「蓄電技術による新規事業立ち上げと今後の展望」と題して、実施例を紹介します。

【日時】  2016年9月27日(火)14:00~17:00(受付開始13:30)

【場所】  龍谷大学 瀬田キャンパス REC小ホール
     (大津市瀬田大江町横谷1-5 JR琵琶湖線「瀬田」駅よりバス約 8分)

【参加費】 無料

【お申込み方法】以下のいずれかでお申し込みください。
 ・下記「お申込みはこちら」からお申込み
 ・下記より「チラシ」をダウンロードいただき裏面申込書をFAX.にてお申込み
 ・E-mail(rec@ad.ryukoku.ac.jp)にて必要事項(チラシ裏面を参照)を送信


【プログラム】
◆開会の挨拶 (14:00~14:10)

<講演>
1「磁気冷凍技術について」(14:10~14:50) 
  龍谷大学 理工学部 機械システム工学科 教授 左近 拓男 氏

2「超低落差型マイクロ水力発電」(14:50~15:30)
  JAGシーベル株式会社 取締役 海野 裕二 氏

~ 休憩(10分間) ~

3「蓄電技術による新規事業立ち上げと今後の展開」(15:40~16:20)
  ニチコン株式会社 執行役員 NECST事業本部 技師長 古矢 勝彦 氏

◆名刺交換会 (16:20~17:00)
 ※講演に関するパネルなどの展示を行う予定です(飲み物をご用意しております)。
  講演者への個別質問や情報交換の時間としてご利用ください。

【講演概要】
1 「磁気冷凍技術について」
 龍谷大学 理工学部 機械システム工学科 教授 左近 拓男  氏
 ホイスラー合金では磁場を変化させたときに温度が降下する「磁気冷凍効果」があらわれる合金があります。この効果を利用した磁気冷凍技術は、 固体の磁性体を冷媒として利用するために、気体冷凍技術のようにコンプレッサーが不要となり構造がコンパクトなのが特徴です。ホイスラー合金以外にも、希土類磁性体や遷移金属磁性体で大きな磁気冷凍効果を示す物質が多種類開発されています。最新の研究成果とともに、磁気冷凍技術の展望について紹介します。

2「超低落差型マイクロ水力発電」 
 JAGシーベル株式会社 取締役 海野 裕二 氏
 今まで単に流れているだけであった水の流れを有効活用して発電する、「超低落差型マイクロ水力発電」およびその利用例について紹介します。この発電機は水車・発電機部と発電制御盤を基本構成とした垂直二軸型水車構造のマイクロ水力発電装置であり、流水のエネルギーを効率良く水車に作用させて、発電エネルギーを得ることができます。設置において貯水池や導水管などを必要とせず、従来の水力発電の設置工事のような多大な工事費用は不要で、設置工事自体も短期で完了できるため、低コストで設置することができます。上下水道、工業排水路、農業用水路、河川水路、あるいは無電化地域での利用など利用場所は多岐にわたります。

3「蓄電技術による新規事業立ち上げと今後の展開」
 ニチコン株式会社 執行役員 NECST事業本部 技師長 古矢 勝彦 氏
 社会が抱える課題を解決することが新規事業創出のチャンスですが、CO2排出増大に伴う地球温暖化は人類が抱える問題になっており、エネルギーの安定供給と環境保護の両立が望まれているものの、課題も多いのが現実です。この課題解決の一翼を担うことを目指し、自社のコア技術を中核に産学公連携などアライアンスを活用することで蓄電関連新規事業を素早く立ち上げた実施例を紹介します。人々が幸せになる明るい未来社会を実現するため、必要とされる今後の指針と展望を提起します。

2016年度第4回チラシ(ファイル形式pdf サイズ264kb)

表示

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る