• HOME
  • > 最新情報

最新情報

【報告】東日本大震災 復興支援ボランティア報告会&ミーティングin瀬田 実施!!

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2011年5月27日

報告を行う山田准教授
参加者からは多くの意見や質問が寄せられました。
 2011年5月26日(木)17:30~19:15に瀬田キャンパス3号館104教室にて『東日本大震災 復興支援ボランティア報告会&ミーティングin瀬田』を開催しました。
 学生・教職員合わせて約20名が参加しました。当初の予定時間を超えるほど意見交換が活発になされ、『被災者のために何かできることをしたい!』という熱い想いが伝わってくる内容となりました。

 ○プログラム内容
 1.山田 容 氏(社会学部 臨床福祉学科 准教授)
 5月1日~5月5日に福島県福島市、郡山市、相馬市を中心に避難所での物資配布、子ども支援のプログラムなどのボランティア活動等についての報告。
 
 2.会場との質疑応答
 避難所の運営の方法や被災者の方へ適切な情報が伝わっているのかといった質問等が寄せられました。

 3.私達が出来ることは何か?についての意見交換会
 ボランティア・NPO活動センターの大石課長の司会で、参加者との意見交換会を行い、下記の意見がありました。
 ・支援にはさまざまな工夫が必要だと思った。
 ・他大学や学内の部活動などと協力して一緒に何かできればよいと思う。
 ・被災地への思いを絶やさないようにすることが重要だと思った。
 ・現地でどういったことが求められているのかを知りたい。            等

 また、ボランティア・NPO活動センターから、「6月末から仙台別院を拠点に30人ほどの学生を募り、被災地で活動する計画をすすめている。その事前調整のため、5/21・22に松島センター長が被災地へ行った」との報告がありました。
 併せて関西でもできる復興支援の取り組みとして、「深草キャンパス・瀬田キャンパスにて福島県の物産品の販売をNPO法人JIPPOと協力して実施し、その販売のボランティアも募集している」という案内もありました。

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る