• HOME
  • > 最新情報

最新情報

琵琶湖チャリティ競漕大会(レガッタ)開催-東日本大震災復興支援 出槽料全額を被災者復興義捐金として寄付

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2011年4月28日

この度、龍谷大学端艇部の今村洋監督が発起人の一人なり、「琵琶湖チャリティ競漕大会」を滋賀県ボート協会・京都ボート協会が主管のもと、2011年4月30日(土)、5月1日(日)の2日間滋賀県立琵琶湖漕艇場にて開催いたします。

3月11日(金)発生した「東北地方太平洋沖地震」は各地に大規模な被害を与えました。この影響を受け、毎年5月のGWに開催されている伝統ある競漕大会「朝日レガッタ」は、全国規模の大会で、大型連休中の開催で交通機関への影響も大きく、震災復興への阻害要因になる懸念があると言う理由から中止が決定いたしました。
本学端艇部は、この大会中止を受け、レースをしたい選手の想いや、ボート関係者で支援できることはないかという想いから、復興支援を目的としたチャリティレースの開催ができないかを考えました。そして、京都大学・立命館大学・同志社大学の指導者の方々の賛同を得た後、京都ボート協会の協力を得て、滋賀県ボート協会や大学関係者が集まり、検討した結果、この度の開催が決定いたしました。

この度のチャリティ競漕大会(レガッタ)にかかる最低必要な費用以外、出漕費などすべて「日本赤十字社」を通じて被害者復興義援金として寄付されます。また、4月上旬の時点で約279クルー(約700人)の参加が決まっています。




◇開催日 : 2010年4月30日(土)、5月1日(日)
◇会 場 :滋賀県立琵琶湖漕艇場
◇主 管 :滋賀県ボート協会、京都ボート協会

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る