• HOME
  • > 最新情報

最新情報

【報告】東日本大震災 被災地で活動を行う学生に対する支援金の支出状況について

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2014年6月19日

深草キャンパスでの説明会の様子
瀬田キャンパスでの説明会の様子
大宮キャンパスので説明会の様子

 2012年度より、被災地でボランティア活動を行う学生・教職員を支援することを通して、支援の輪に加わっていただく機会を作ろうと、教職員に「東日本大震災 被災地で活動を行う学生に対する支援金」への協力を呼び掛けさせていただいています。

 その結果、本学教職員をはじめ、文学部教授会(斯文会)、校友会、親和会の皆々様から頂きました支援金総額は5,042,623円(2012年度2,792,623円、2013年度2,250,000円)となりました。
 活動にあたっては、参加学生からの参加費や大学からの活動予算を使いつつ、教職員等から頂いた支援金を支出した額は1,093,987円(2012年度328,192円、2013年度765,795円)であります。(2014年3月31日現在)
従って、残額3,948,636円は2014年度以降の活動支援金として繰り越させていただく予定です。
 
 現在、2014年度の東日本大震災復興支援ボランティアの募集説明会を6月16日~20日を3キャンパスで実施致したところ、249名の学生の参加がありました。参加学生の真剣な顔から、その想いの強さが伝わってきています。
 これからもご支援、ご協力をお願い申し上げます。

●参加者の内訳 
深草キャンパス:6/16(72名)、6/17(27名) 
瀬田キャンパス:6/18(61名)、6/20(63名) 
大宮キャンパス:6/19(26名)      
総合計249名  

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る