• HOME
  • > 最新情報

最新情報

【報告】第1回東日本大震災復興支援ボランティア活動の報告

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2015年8月20日

2015年8月12日(水)~16日(日)に宮城県石巻市雄勝にて、学生30名と池田副学長、竹田コーディネーターの引率者2名の計32名で東日本大震災復興支援ボランティアを行ってきました。

 12日(水)の8時に深草キャンパスをバスで出発し、21時半過ぎに石巻市内の宿に到着ました。
 13日(木)は、午前中に語り部さんに石巻の中心部を案内していただき、その後大川小学校に向いました。献花台にお参りした後、雄勝ローズファクトリーガーデンの徳水先生に大川小学校の周辺を案内していただきました。午後からは雄勝に移動し、徳水先生から雄勝小学校の子ども達が実際に避難した経路を歩きながら、防災教育を受けました。
 14日(金)は、『雄勝灯籠流し』のお手伝いを行いました。灯籠の制作や、供養花火を上げるための広場の草刈りなど、雨の中、黙々とみんなで協力しながら一生懸命作業に打ち込みました。浜供養の後、夕方からは雨やみの合間を縫って一斉に灯籠を船に運び、海上に灯籠を流しました。雨が降り続いていましたので、ぎりぎりまで開催が危ぶまれましたが、何とか実施することが出来て、ホッとしました。その後は、地元の皆さんの心づくしのバーベキューをふるまっていただき、供養花火を一緒に楽しみました。
 15日(土)は、灯籠流しの後片付けを行った後、午後から雄勝ローズファクトリーガーデンでガーデンの整備をお手伝いしました。昨日とは正反対の炎天下の作業でしたので、体力的には厳しかったですが、どんどん整備されていくガーデンの姿に達成感も感じました。
 
 今年はあまり天候に恵まれず、ドキドキハラハラする場面もありましたが、チーム龍大で協力しながらなんとか活動を無事に終了することが出来ました。濃くて濃密な5日間でした。
 一度、このボランティアに参加した学生は、雄勝が本当に好きになるようです。卒業後も雄勝を訪れる元学生。昨年度の参加者は今年は個人的に駆けつけてくれたりもしています。そして、今年の参加者は帰りのバスの中で口々に「もう一度雄勝に来たい」と話していました。
 想いがつながっていくことがとても嬉しいです。

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る