• HOME
  • > 最新情報

最新情報

新深草図書館の入館者が50万人を突破

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2016年1月26日

記念品贈呈の様子
游さんと安藤図書館長
ナレッジコモンズを利用する学生達

 第2学期の定期試験期間を迎え大勢の利用者で賑わう中で、本日(26日)、入館者数が50万人を突破いたしました。
 新深草図書館は、大学教学施設の充実を目的としたキャンパス整備の一環として、2015年4月1日に開館しました。図書館の中には、多様な学びの空間として龍谷大学ラーニングコモンズを構成するナレッジコモンズが設けられています。ナレッジコモンズでは、大学院生のチューターによる学習支援として、レポートの書き方やレジュメの作成の仕方等のライティング支援を提供しています。
 また、図書の利用促進として、新入生支援や就職活動支援などの学生生活に合わせたテーマでの展示や、教員からの推薦図書の紹介や、学生サポーターによるビブリオバトルの運営・開催など、学生・教職員が協働しながら展開を続けてきました。
 全国の大学図書館の利用が横ばいまたは減少傾向が見られる中、これらの取組の成果として、毎月の入館者は前年度比約1.5倍、貸出冊数は前年度比1.2倍で推移し、開館以降継続することができました。
 記念すべき50万人目となったのは、経済学部3年生の游 寧軍(ユウ ネイグン)さん。游さんには、安藤図書館長から、図書館の特別展観図録や大学記念品が贈られました。
50万人目の入館者となった游さんは、驚きながらも笑顔で、次のとおり喜びのコメントを下さいました。

 
<游さんのコメント>
 記念すべき入館者50万人目となり光栄です。新しい図書館では、グループで学習できるスペースが広くなったことがとても嬉しいです。私は、ひとりで勉強する時は、静かで集中できる地下2階で、グループで学習する場合は地下1階のナレッジコモンズでと、利用目的に応じて使い分けています。また、どの場所も居心地がよく、ゼミや周りの友人にも好評です。

<安藤図書館長から>
 龍谷大学図書館は「知の広場」をめざしています。それを具現化した新・深草図書館は開館以来、前年度比1.5倍以上の入館者数で推移してきました。そして本日、はやくも50万人を突破したことはこの上ない喜びです。今後、さらに多くの学生がより快適かつ利便な環境で学びを深めていけるよう、私たちは魅力ある図書館づくりに邁進いたします。ご期待ください。

 今後とも、スタッフ一同よりよいサービス及び学習環境の提供に努めて参りますので、よろしくお願いいたします。

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る