Need Help?

Admission

入試情報

出願に関するよくある質問

新年度(2019)の情報は随時更新します。

併願・受験について

2教科型公募推薦入試、一般入試における併願については、こちらをご確認ください。
入試ガイド P.9
入試ガイド P.10
文学部 哲学科 教育学専攻と文学部 臨床心理学科を、同一試験日に、スタンダード方式と高得点科目重視方式の2つの方式での併願は可能ですか。
同一試験日での併願は、1つの学部(学科・専攻)に2つの入試方式で出願か、1つの入試方式で複数学部に出願かのどちらか一方を選ばなければなりません。この場合、スタンダード方式か高得点科目重視方式のどちらか1つの入試方式にすることで併願が可能になります。
※同一試験日において文学部内で併願できる学科・専攻は以下の3グループとなります。ご注意ください。

①真宗学科、仏教学科、歴史学科仏教史学専攻の2学科1専攻間
②哲学科(哲学専攻、教育学専攻)と臨床心理学科の1学科2専攻間
③歴史学科(日本史学専攻、東洋史学専攻、仏教史学専攻、文化遺産学専攻)の4専攻間
A日程で、文学部歴史学科文化遺産学専攻をスタンダード方式と高得点科目重視方式を受験しようと思っているのですが、インターネット出願時に選択するのですか?
また、A日程を2日受験すると2回分の受験料が必要ですか?
インターネット出願時に方式は選択してください。この場合受験料は、1つ目の方式35,000円、2つ目の方式は併願審査料10,000円の合計45,000円となります。
また、もしA日程を2日間受験すると2回分(2日間分)の受験料が必要です。A日程で2日間、文学部歴史学科文化遺産学専攻をスタンダード方式と高得点科目重視方式で出願するのなら、1日目45,000円、2日目45,000円合計90,000円となります。
A日程で、1つの学部に2つの方式で出願か、1つの入試方式で複数学部に出願かのどちらか一方を選ばなければなりませんか?
同一試験日での併願は、1つの学部(学科・専攻)に2つの入試方式で出願か、1つの入試方式で複数学部に出願かのどちらか一方を選ばなければなりません。試験日をわけることでどちらも選ぶことは可能です。例えば、A日程の1月30日に国際学部グローバルスタディーズ学科をスタンダード方式、高得点科目重視方式で出願し、1月31日に国際学部グローバルスタディーズ学科と国際文化学科をスタンダード方式で出願することは可能です。
センター試験利用入試中期募集の一般入試併用型で1つの学部に出願し、併せて一般入試B日程の方は2つの入試方式で1つの学部を出願するということは出来るのでしょうか。
また、この場合受験料はいくらになるのでしょうか。
可能です。センター試験利用入試中期募集の一般入試併用型だけを出願する場合の受験料25,000円ですが、この場合、一般入試B日程と併せての出願なので15,000円。一般入試B日程の方は1つ目の入試方式での受験料が35,000円、2つ目の入試方式での出願は併願審査料10,000円となります。すべての合計金額は15,000円+35,000円+10,000円の60,000円となります。
受験料については入試ガイドP.10を参照してください。
センター試験利用入試において、「解答すべき教科・科目」のうち、選択科目が地理歴史、公民、数学、理科のいずれかの科目から高得点1科目と書かれているものがありますが、そのうち1科目しか受験しなかった場合、合否判定はどうなりますか?
この場合例えば、大学入試センター試験で地理歴史の中のある科目しか受験していなければ、その受験した科目の点数が利用されます。
地理歴史、公民、数学、理科いずれも受験していなければ合否判定対象になりませんし、所定の科目数以上に受験していれば、高い得点順に教科・科目を採用し、合否判定を行います。