• HOME
  • > イベント情報

イベント情報

【12月23日(土)】二国間交流事業シンポジウム「日印交流における仏教」

開催日時
2017年12月23日 13:00 〜 2017年12月23日 18:45
開催場所
大宮学舎西黌2階大会議室 MAP
お問い合わせ

二国間交流事業シンポジウム「日印交流における仏教」

開催日時12月23日(土) 11:00-18:45
開催場所龍谷大学大宮キャンパス西黌2階大会議室

講演者 11:00-12:10 公開講演会(日本語)

小島裕子(Kojima, Yasuko, 国際仏教学大学院大学)「大仏を開眼した菩提僊那(ボーディ・セーナ)―日本文化の中に構築された「インド」―」

Bodhi Sena, the Priest to Consecrate the Great Buddha: Imagined ‘India’ in the History of Japanese Culture.

--------------------------------------------------------------------------------

〔要旨〕天平時代、はるか天竺より来朝したボーディ・セーナ(菩提僊那)。菩提僧正の名が後世にのこされたのは、東大寺の毘盧遮那仏(大仏)に入魂する開眼供養の導師を勤めたことによる。仏教発祥の地、インドと東漸の果ての地、日本。両国をむすぶ菩提僧正の事蹟の多くは今も歴史のなかに眠るが、それは東アジアの仏教文化を見据えたわが国の伝承資料の中で語りつがれ、温められてきた。その軌跡をたどり、日印の仏教文化交流の幕開きともなる機縁を跡づけてみたい。

--------------------------------------------------------------------------------

小島 裕子(こじま・やすこ): 東京都立大学大学院人文科学研究科博士課程修了。専門は仏教文献資料学・法会儀礼。国際仏教学大学院大学兼任講師。金剛院仏教文化研究所主任研究員。

--------------------------------------------------------------------------------

13:00-18:45 Academic Session(研究報告・英語)
•13:00-13:25 Minowa, Kenryo(蓑輪顕量・東京大学)Longing for India: Japanese Buddhist and India
•13:25-13:50 Dake, Mitsuya(嵩満也・龍谷大学)Japanese Buddhists Views of India Seen in the Magazine Bukkyokaigaijijo (1888-1893)
•13:50-14:15 Okuyama, Naoji (奥山直司・高野山大学)Japanese Buddhists in Recovery Movement of the Bodh Gaya Temple After 1891: The role of Shaku Kōzen and the Shingon Sect
•14:15-14:40 Tomas Newhall(トマス・ニューホール・東京大学)From “bongaku” 梵学 to “indo tetsugaku” 印度哲学: The Development of Indology at Japanese Universities

Break
•14:50-15:15 Nohnin, Masaaki (能仁正顕・龍谷大学)Otani Kozui and India: Seeking the Origin of the Eastward Spread of Buddhism
•15:15-15:40 Ranjana Mukhopadhyaya(ランジャナ・ムコパディヤーヤ・デリー大学)Proselytizing in the “Western Paradise”: India in the making of Fujii Nichidatsu and Nipponzan Myohoji
•15:40-16:05 Okamoto Yoshiko(岡本佳子・国際基督教大学アジア文化研究所)A Dream of an Asian Religious Conference: Japan-India Cultural Interaction behind the Journey of Okakura Kakuzo, Oda Tokuno and Hori Shitoku to India
•16:05-16:30 Bessho, Yusuke(別所裕介・駒澤大学)Buddhist Heritages Development Assistance as Present-day India-Japan Friendship: By Comparison to JICA, APECF and FPMT

Break
•16:40-17:05 Sato Ryojyun(佐藤良純・大正大学)Indian Deities of Buddhism and Hinduism in Japan
•17:05-17:30 Funahashi, Kenta(舟橋健太・龍谷大学)Development of Buddhist Conversion Movements in Contemporary India: The View from Local and Global
•17:30-17:55 Togawa, Masahiko (外川昌彦・東京外国語大学)Living with Gandhi: Fujii Gurji and India-Japan Relations in the 1930s

Break
•18:05-18:45 General Discussion
主催東京外国語大学AA研・日本学術振興会二国間交流事業(JSPS-ICHR)共催龍谷大学・南アジア研究センター(RINDAS)/世界仏教文化研究センター(RCWBC)/アジア仏教文化研究センター(BARC)、東京外大AA研・基幹人類学班、Samutthan Foundation, New Delhiポスターシンポジウム「日印関係と仏教」12月23日

・公開講演会は日本語で行い、聴講無料、事前申し込み不要です。どなたでもご自由に参加ください。

・午後の研究報告は、主に英語で行います。

連絡先 外川昌彦(fakir@aa.tufs.ac.jp)

12/23シンポジウム案内(ファイル形式pdf サイズ713kb)

表示

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る