Need Help?

Special

卒業式・入学式

2021年度 入学式 式辞

経済学部、経済学研究科、国際学部、
国際学研究科、留学生別科のみなさまへの式辞

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。龍谷大学を代表して、皆さんに心からお祝いを申しあげます。また、本日ネットでご覧いただいているご家族の皆さまにも心よりお慶びを申しあげます。

新入生の皆さんは昨年、二転三転した入試改革に振り回され、そして新型コロナウイルス感染拡大に翻弄され、かなり精神的につらい局面がこれまで何度かあったかと思います。

しかし今日晴れて新たなスタートラインに立ったのです。龍谷大学は、「真実を求め、真実に生き、真実を顕かにする」ことのできる人間の育成に努める大学です。龍谷大学での学び、それは人生に深みと広がりをもたらします。いかに自分はこれまで物事を浅く考えていたか、いかに自分はこれまで狭い世界に閉じこもって世の中を見ていたか。こうしたことに気づかせてくれるのが龍谷大学です。

いま、新型コロナウイルスによって人間社会に甚大な被害がもたらされています。当面はワクチンに頼らざるを得ませんが、こうした事態を招いたのは何が主たる要因だったのでしょうか。改めて考えてみなくてはなりません。

自然の奥地にいる野生動物の体を宿にしているウイルスがどうして人間に移ってくるのか。現在、鉱物採掘などのための森林伐採や食肉・ペット利用の野生生物の乱獲などが世界各地で行われています。こうした人間の活動と動物由来の感染症が無関係であるはずはありません。

人間の自己利益を増大させようとする精神性が人間社会に新型のウイルスを招き寄せている現実に目を向けない限り、今回のような感染拡大はこれからも繰り返されるでしょう。問題は、「人間」なのです。紛争、経済格差、二酸化炭素排出など、いま社会課題となっているものは全て人間の行いです。

コロナ禍のような逆境の時こそ人間の本質を見極めねばなりません。人間の行動を省みるところから、新たな人間の生き方を模索する。そうした活動をされている方をひとりご紹介したいと思います。

ポーランド南部にあるアウシュビッツ・ビルケナウ強制収容所跡でガイドをしている日本人がいます。中谷剛(なかたにたけし)さんです。日本人がナチスドイツによるホロコーストの歴史を伝える仕事をされているのです。ナチスドイツによるユダヤ人などに対する大量虐殺、ホロコースト。入学式というめでたい式にホロコーストのような忌まわしい話はしてほしくないという人もいるでしょう。しかし人間の本質を見極めるということは人間のひき起こした負の現実から目をそむけるわけにはいきません。中谷さんはツアー客にこう語りかけるそうです。「アウシュビッツにはヒトラーの写真は一枚もありません。なぜだと思いますか?」と。アウシュビッツの悲劇はヒトラー一人が起こしたことではないから、と中谷さんは説明します。また、彼はこういう話もすると言います。「世界恐慌後に苦境に陥ったドイツの街角で『害虫、ユダヤ人は出て行け』というヘイトスピーチが始まった」と。その十数年後に何が始まったかをツアー客はリアルに感じとります。中には同じ状況が身近にないか、考える人も出てきます。

中谷さんは歴史から何かを考え、少なからず行動する人を育てていくのはアウシュビッツの役割であると言います。同時に、大事なのは大多数の傍観者がどう振る舞うか、とも言います。いまコロナ禍で、どのように私たちが振る舞うかが問われています。他人事として見ている限り、感染拡大は止まりません。中谷さんは言います。「常にモヤモヤしながら、柔軟に考えられることが、経験のないことが起こった時に、乗り越えていくことにつながるように思います」と。中谷さんの活動から聞こえてくる言葉は私たちの今後に大きなヒントを与えてくれます。皆さん方は将来、果たしてどんな役割を担うことになるでしょうか。

さて、皆さんが入学した龍谷大学の歴史は古く、その始まりは1639(寛永16)年にまで遡ります。西本願寺境内に設けられた教育施設「学寮」がその出発点です。龍谷大学は2019年に、創立380周年を迎えました。

龍谷大学の長い伝統は深い人間洞察の気風を育みました。これは、激動の鎌倉時代を生きた親鸞聖人の生き方に由来します。親鸞聖人は人間の根源的なありようを問いかけました。龍谷大学は創立以来、親鸞聖人が開かれた浄土真宗の精神を建学の精神に掲げ、現在に至っています。

いま龍谷大学を特色づけるのは、他者と共に生きていく姿勢を形成しようとする空気です。近年、社会貢献活動に関心を示す学生が増えています。ボランティア活動、障がいのある学生諸君への支援といった本学学生の取り組みは社会から高い評価を受けつつあります。一方で、今、他者を排除しようとする排他的感情が世界的に渦巻きつつあります。龍谷大学では、すべてのいのちを大切にする利他的な生き方を培います。他者の幸福を願う「利他」は「排他」とは真逆の精神作用です。利他の精神は仏教が長きに渡って育み、伝えてきました。自分さえよければいいという自己中心的な事象が目につく昨今ですが、龍谷大学で学ぶ学生一人ひとりは、折につけ、助け合うこと、支援し合うことの大切さに目覚めるはずです。

私は2019年、本学が創立380周年を迎えるにあたり、「自省利他」を行動哲学として掲げました。「自省」、自らを省みることです。自分は果たしてこのままでよいのかと自己を省みる。これまでの自分のありようを省みる。そしてさきほどから出ている「利他」。他者に利益を与えること。他者に幸福をもたらすこと。持続可能社会の実現に必要なのは「自省利他」と考えています。

自分は肝心なことは何も知らなかったと気づくとき、真の学びがスタートします。龍谷大学は、うそ・偽りの人生ではなく、本物の人生を目指す学生を育てる大学です。大学での学びは、高校までの勉強とは異なります。最初のうちはとまどうこともあるでしょう。大学院へ進学された方も、高度な知性が要求されることに対し怖気づく人もいるでしょう。そのとき、どうか自分に問いかけてみてください。「自分は何のためにここにいるのか」と。最初に抱いたはずの大いなる志をどうか忘れないでください。

いま何をなすべきか、いま何の時間なのかを自分に問う習慣が「今までなかった自分」を出現させます。現実を直視し、いま自分のなすべきことは何かをつねに問い、着実にステップアップしていってください。

未来社会を担うのは皆さんです。皆さんが龍谷大学で実り豊かな学生生活、研究生活を送られることを、そして皆さんの前途に輝かしい未来があらんことを願って、私の式辞といたします。

ご入学まことにおめでとうございます。

2021(令和3)年4月1日

龍谷大学・龍谷大学短期大学部
学長  入澤 崇