Need Help?

Special

卒業式・入学式

2020年度 卒業式 式辞

社会学部、社会学研究科のみなさまへの式辞

龍谷大学社会学部で学問を修め、本日ここに、晴れて卒業を迎えられた皆さん、社会学研究科で研究を深められ、晴れて修了された皆さん、おめでとうございます。龍谷大学の教職員を代表して心からお祝いを申し上げます。また、今ネットでご覧いただいているご家族の皆さまにも心よりお慶びを申し上げます。

この一年は新型コロナウイルスの蔓延に翻弄された一年でした。まだまだ不安は拭えません。卒業生・修了生の皆さんには、言い知れぬ困惑と苦労があったかと思いますが、見事に成果を出し、本日晴れて学位記を授与される運びとなったのです。皆さん方の努力に敬意を表すとともに、入構制限などこれまで大学のとった措置に協力をしていただいたことに対し感謝の気持ちを表明したいと思います。

また不安定な気持ちになりがちであったご子息ご息女をしっかりと支え、温かく見守り続けてくださいました保護者の皆さまにも深く敬意を表します。

いま全人類がコロナ禍という同じ課題に直面しています。あらゆる局面に強い影響を及ぼし、私たちのいのちを脅かしています。大きな社会変動が起きている中、卒業生の皆さんは船出していくことになるのです。

地球的視野で現代社会をみつめるならば、コロナ禍を初めとしてあまりに多くの深刻な課題があることに気づきます。紛争、貧困、経済格差、気候変動など、いまや地球が危機的状況にあります。地球が悲鳴をあげているのです。決して大げさな表現ではありません。

人類の活動が地球の在り方を根本的に変えてしまったことで、近年「人新世」という地質学の概念が様々な分野で使われるようになっています。新型コロナウイルスのパンデミックに見られるように、次々と数多くの危機事象が私たちの生活を脅かす、これが「人新世」の特徴です。まさに今、人間の営みが問われているのです。人間の行き過ぎた自然開発や過剰なる二酸化炭素の排出が生態系に大きな影響を及ぼしています。人間の行為、人間の行動、これが問題を引き起こしているとするならば、卒業生諸君・修了生諸君にとっても他人事ではないはずです。

人間の営みの中でおぞましいもの、それは差別です。コロナ禍の中、感染者に対する誹謗中傷など様々な差別的事象が起きました。感染が広まったとき、アメリカではアジア人差別が湧き上がり、今なお続いています。昨年5月には黒人男性のジョージ・フロイドさんが白人警官に首を圧迫されて死亡しました。この事件を機に、黒人差別抵抗運動が大きなうねりとなり、大坂なおみ選手を初めとして、意志表明をするアスリートたちが増えていきました。

トップアスリートが黒人差別に異を唱えることで思い出したことがあります。1968年のメキシコオリンピックの陸上200mの表彰式で、金メダルのトミー・スミス選手と銅メダルのジョン・カーロス選手がアメリカ国歌の流れる式の最中に黒手袋をした拳を突き上げました。黒人差別に抗議したのです。中学一年生であった私はその場面に衝撃を受け、美術の時間に拳を突き上げたトミー・スミス選手の姿を版画に仕立てたほどでした。彼らの抗議の代償はあまりに大きく、ふたりはアメリカ選手団から追放されてしまいました。銀メダルをとった白人のオーストラリアの選手も表彰式に「人権五輪プロジェクト」のバッジをつけてのぞみ、抗議の姿勢を示しました。この選手も不遇の人生を送ることになります。亡くなったこのオーストラリアの選手も含めて、表彰台に上った3人の名誉が回復されたのは昨年の12月でした。世界陸連がこの3人に賞を贈ったのです。受賞にあたって、トミー・スミスさんはこう発言しました。「速く走ることや勝利よりも大事なことがあるのです」。

生きていくうえで何が大事か。つねに自分自身に問いかけ、自ら省みることが必要です。

2019年、龍谷大学は創立380周年を迎えました。そのとき私は「自省利他」という行動哲学を掲げました。自らのありようを省みて、他者の安寧のために尽力する。こうした人格を形成していくことこそが現代社会に急務であると判断しました。この「自省利他」は本学の建学の精神に繋がります。

わが龍谷大学の建学の精神は周知の通り、「浄土真宗の精神」すなわち親鸞聖人の精神です。鎌倉時代、親鸞聖人が人間のありようを根源的に問いかけ、まことの生き方を求められた。阿弥陀仏の誓願に出遇われ、誓願に照らされた「真実の生き方」を顕かにされたのです。まさにその点にこそ龍谷大学のエッセンスがあります。いかに自分というものが至らない存在であるか、その至らぬ存在の自分に対し智慧と慈悲の光が届いているという不思議。この思議を超えた働きかけこそが、常にわが身を省みて社会のために尽くす人格を形成させるのです。自らのありようを省みて、他者の安寧・他者の幸福のために尽力する、「自省利他」。みなさんのこれからの行動指針にしていただければ幸いです。

今日からは、皆さんも龍谷大学の卒業生・修了生として伝統を背負う一員です。今後皆さんは卒業生で構成する龍谷大学校友会に属することになります。卒業生からの在学生への助言は時に闇を照らす光となります。卒業生と在学生が一体となって取り組む仏教SDGsの取り組みはすでに始まっています。今後、龍大卒業生ならではの力をどうか私たちに貸してください。在学生・卒業生がスクラムを組み、希望に満ちた明るい未来を社会のために切り拓いてもらいたいのです。

社会学部卒業生のみなさん、社会学研究科修了生のみなさん、どうか誠実に課題と向きあい、何事にも丁寧に対処する人間になってください。どうか困難に直面している人の声なき声に耳を傾けることのできる人間になってください。どうか周りから信頼され、周囲を明るく照らす人間になってください。

最後に皆さんの健康を心から願って、私からの式辞とさせていただきます。

本日は、誠におめでとうございます。

2021(令和3)年3月19日

龍谷大学・龍谷大学短期大学部
学長  入澤 崇