逍遥の歌

可信和義 作詞 / 中村良夫 作曲

お~仰ぎ見れば東山に
名月は皓々と照りはえて
清水のせせらぎに明日の命を頼まん
お~保津川の流れにゆられゆられて
仰げば東山連山西山連峰
お~南にのびる京都盆地
若き血潮と学徒が集う深草の森
お~頭をたれては己の小さきを知り
頭をあげては仰ぎみる正法萬古
さあさあ唄わん哉 狂わん哉
我等 龍谷大学逍遥の歌
1.
花咲き染めて一睡の
夢は夕べの鴨川か
一写千里の恆河に乗せて
流れ異邦の大海へ
我等龍谷の花ぞ育たん
2.
行け艱難を乗り越えて
常命わずか七十年
遥かにそびゆる大江の峰に
悠々悠と 日は昇る
我等龍谷の花ぞ伸びなん
3.
さてこそ説かん 古の
花の都は京洛の
崩れ散りにし心をよみて
我等龍谷 行く末の
ああ、龍谷の花ぞ咲かなん

この歌を聴く

ボタンから逍遥の歌を聴く事ができます。(mp3形式)

逍遥の歌を聴く


この歌をダウンロード

歌詞(text)
mp3形式
(zip圧縮)

歌詞をダウンロード

MP3をダウンロード



このページのトップへ戻る