• HOME
  • > 最新情報

最新情報

2011年度第1回公開授業のご案内

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2011年9月22日

大学教育開発センターでは、教育改善に資する取り組みの一環として、公開授業を実施しています。今年度より各学部からの推薦に加え、学部FD自己応募研究プロジェクトにおいて、授業、教材等を研究開発されている先生方に授業を公開いただき、研究成果の共有を図ることとなりました。みなさまのご参加をお待ちしております。


教 員 名: 樋口 三郎
(理工学部講師、自己応募研究プロジェクト「授業の内容・形態に応じたクリッカーの効果的な使用方法の研究」研究代表者)

科 目 名: 「現象の数学B」

日  時: 9月27日(火)3講時(13:35~15:05)

場  所: 瀬田学舎7号館地下1階 講義室2

参加対象: 本学教員(特任・非常勤講師含む)・事務職員

※1 教室には途中で出入室いただいて結構です。
※2 事前申込は必要ありません。ご自由にご参加ください。
※3 終了後、1号館5階533会議室で講評会を行います(15:20~15:50)。



【概 要】
クリッカーは、大教室で、問題・アンケートへの学生の回答を即時に集計・表示できる無線端末です。2011年度に瀬田学舎に導入されました(http://www.a.math.ryukoku.ac.jp/~hig/eproj/clicker/)。今回の公開授業はクリッカーの使用方法について考える機会にしたいと思います。
クリッカーを効果的に使用しているシーンをお見せすることはできません。2回目の授業で、(他の授業も含めてもほとんど)初めてクリッカーを使用する学生に、教員が使用意図・操作方法をどのように説明するか、授業の中でどのように使用するか、学生がクリッカーをどうとらえるかなどを観察していただくのが目的です。
公開科目「現象の数学B」は理工学部数理情報学科3年次向けの固有選択科目で、振動・波動現象を、微分方程式を利用して解析するという内容です。
(http://www.a.math.ryukoku.ac.jp/~hig/course/mathphb_2011/).
クリッカーは授業開始後20-80分頃に使用する予定です。

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る