• HOME
  • > イベント情報

イベント情報

2018年度アフラシア多文化社会研究センター研究会「世界の先住民族と人権:フィリピン、オーストラリア、そして日本」

開催日時
2019年2月18日 13:30 〜 2019年2月18日 16:30
開催場所
深草キャンパス 和顔館4階会議室3 MAP
お問い合わせ

 アフラシア多文化社会研究センターでは、下記の日時に、フィリピンから先住民族
ママヌワ族(Mamanwa)のリーダーをお招きし、「世界の先住民族と人権:フィリピン、
オーストラリア、そして日本」と題し、研究会を開催します。
 ママヌワ族は、フィリピン南部のミンダナオ島北部の山岳地帯に数千人が残存する先住
・狩猟採集民です。1978年より日本の調査隊による世界初の集団遺伝学的調査がおこなわれ、
この集団がフィリピン最古の先住民の末裔であるとの仮説が発表されました。日本で知られる
機会の少ない彼らですが、現在その固有言語や伝統文化は消滅寸前となっており、民族の存続
があやぶまれる状況です。
 今回はママヌワ族血縁者でもあるラリー・ディロ氏(セントポール大学・教授)、ママヌワ
族リーダーのカイン・フクマン氏から、フィリピンの先住民が現在当面している問題を報告して
いただくとともに、世界の先住民が抱えている問題について考えます。

日  時:2019年2月18日(月)13:30~16:30

場  所:龍谷大学深草キャンパス 和顔館4階会議室3

テ ー マ:世界の先住民族と人権:フィリピン、オーストラリア、そして日本

報 告 1:尾本恵市氏(東京大学・名誉教授)
     「世界の先住民と人権」
報 告 2:友永雄吾氏(龍谷大学・国際学部・准教授)
      「オーストラリア社会とアボリジニ」
報 告 3:ラリー・ディロ氏(セントポール大学・教授)
      カイン・フクマン氏(ママヌワ族リーダー)
      「フィリピン最古の先住民族の現在」
司  会:友永雄吾氏(龍谷大学・国際学部・准教授)

主  催:龍谷大学 アフラシア多文化社会研究センター
共  催:龍谷大学 国際学部 友永研究室<科学研究費基盤研究(C)「オーストラリア
     と日本における先住民族による流域資源保全に関する環境人類学的研究」
     (課題番号:16K03246)>

使用言語:日本語・英語

※聴講無料・一般来聴歓迎

20190218 研究会チラシ(ファイル形式pdf サイズ3,228kb)

表示

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る