• HOME
  • > イベント情報

イベント情報

日中韓国際シンポジウム「東アジア仏教思想史の構築―凝然・明恵と華厳思想―」

開催日時
2019年12月14日 〜 2019年12月15日
開催場所
MAP
お問い合わせ

開催日時:12月14日(土)9:30~17:00
     12月15日(日)9:30~12:00
開催場所:龍谷大学 大宮学舎 東黌302教室


❖1日目 12月14日(土) 凝然と東アジア仏教❖

開会挨拶
 入澤  崇(龍谷大学学長)

特別講演
 横内 裕人(京都府立大学教授)鎌倉中期の対外関係と宗教環境―宋仏教の移入と相克―


〈午前の部〉

張  文良(中国人民大学教授)
  中国における凝然仏教思想の受容―中国仏教宗派説を中心に―

岡本 一平(慶應義塾大学非常勤講師)
  示観房凝然の浄土教史論―東アジア仏教思想史の構築に向けて―


〈午後の部〉

王   頌(北京大学教授)
  凝然の「十世隔法異成門」解釈

成昊官(晛山)(東国大学校博士課程)
  凝然の五教章通路記における智儼引用について

朴  普藍(忠北大学校助教授)
  凝然の六相説の理解について

中西 俊英(東大寺華厳学研究所研究員)
  「初発心時便成正覚」の思想史的考察―凝然の解釈の位置づけを中心に―

藤丸  要(龍谷大学教授)
  華厳観法と凝然

大谷 由香(龍谷大学講師)
  東アジアにおける南山宗教義の趨勢と凝然


❖2日目 12月15日(日) 明恵と東アジア仏教❖

金  天鶴(東国大学校教授)
  明恵の『解脱門義』における信と住の関係

野呂  靖(龍谷大学准教授)
  明恵の成仏義解釈とその周辺―義天版章疏の影響関係を中心に―

前川 健一(創価大学教授)
  『明恵上人行状』の中の明恵像

西谷  功(泉涌寺心照殿学芸員)
  明恵撰『涅槃講式』成立の背景―俊芿請来の宋代涅槃儀礼の視点から―


閉会挨拶
 久松 英二(龍谷大学世界仏教文化研究センター長)
 金  鍾旭(東国大学校仏教文化研究院長)

◆司会
藤丸 要(龍谷大学教授)
野呂 靖(龍谷大学准教授)
亀山隆彦(龍谷大学非常勤講師、アジア仏教文化研究センターPD)

◆通訳
李 慈郎(東国大学校教授)
金 龍泰(東国大学校教授)
李 曼寧(龍谷大学世界仏教文化研究センターRA、客員研究員)


※申込み不要。お気軽にお越しください。



主催:龍谷大学世界仏教文化研究センター(RCWBC)
   龍谷大学アジア仏教文化研究センター(BARC)
共催:(韓国)東国大学校仏教文化研究院HK研究団
   (中国)中国人民大学仏教與宗教学理論研究所
   (中国)中央人民大学哲学與宗教学学院

日中韓国際シンポジウム ちらし.pdf(ファイル形式pdf サイズ356kb)

表示

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る