2015年度以降入学生(農学部)/
2014年度以前入学生(理工学部・社会学部・国際文化学部)

教養教育の目的と意義

本学の教養教育は、建学の精神を具現化する高い倫理性や豊かな人間性とともに、知性・感性を兼ねそなえ、現代社会でたくましく生きる力を持った人間の形成を目的として開講されています。
つまり、幅広い知識と知的な諸技法の修得に基づく論理的思考力の涵養により、社会性をもって現実を正しく理解する総合的な判断力と、国際的なコミュニケーション能力を持った「専門性を身につけた教養人の育成」の一翼を担うことを目的としており、その達成のために以下の目標を掲げています。

  1. コミュニケーション能力及びプレゼンテーション能力の向上
  2. 歴史認識と社会認識に基づく自己の確認と自律
  3. 学問や科学技術が問いかけている諸課題・問題の理解
  4. 知的訓練ないし知的鍛錬

教養教育科目とは

本学の教養教育は、主に教養教育科目として提供されており、基礎科目(6分野)と総合科目(「情報」「福祉」「国際」「環境」をキーワードとする)にわけて、学際的・系統的履修を可能にしています。

基礎科目

人文・社会・自然科学に仏教、スポーツなどを学び、社会を見渡す知識・教養を深める
基礎科目は、仏教、スポーツ、人文科学、社会科学、自然科学の各分野からなり、幅広く社会全体を見渡す知識・教養を深めるために、学部の専門研究テーマの探究に役立つ、基礎的な知識と幅広い視野を育みます。

  • 仏教の思想
    龍谷大学の建学の精神を学ぶための必修科目として開講され、龍谷大学の良き伝統を知るとともに、仏教の思想を通して自己を振り返り、幅広いものの見方と心の豊かさを養います。
  • 外国語科目
    英語・ドイツ語・フランス語・中国語・コリア語から選択して学びます。言語の実用的能力はもちろん、言語を用いて民族の思考様式や文化的伝統への外国語科目理解を深めることを目的としています。
    ※国際文化学部は、学部独自の外国語科目を開講しているため、基礎科目の外国語科目は履修できません。
  • 人文科学科目
    文学入門、哲学入門、心理学入門、歴史入門、倫理学入門、言語学入門、論理学入門、教育原論、発達と教育
  • 社会科学科目
    法学入門、日本国憲法、政治学入門、統計入門、社会学入門、経済学入門、社会思想史入門
  • 自然科学科目
    生活の中の数学、生活の中の物理、生活の中の化学、生命と科学、生活の中の統計技術
  • スポーツ科目
    スポーツ技術学

総合科目

「情報」「環境」など21世紀のキーワードからテーマを見つけ、学際的に学ぶ
総合科目は、21世紀のキーワードである「情報」「福祉」「国際」「環境」を中心として、現代社会が抱えるさまざまなテーマ、課題、ニーズに対応する科目群を用意。幅広い視野を持ち、自分なりにテーマを見つけ、その解決に向けて取り組むことができる人間力を養います。

  • 主な総合科目
    情報社会とメディア、現代社会とマス・メディア、情報と人間、スポーツ文化論、情報倫理、現代社会と福祉、メディアにみる福祉、世界の福祉、国際社会と日本、日本の文化、アジアの文化、欧米の文化、科学技術史、現代の技術、環境と倫理、環境と人間、自然観察法、人権論、平和学入門、ジェンダー論、生命と共生、人間と社会と法、生活の中の宗教、現代社会とスポーツ、健康とスポーツ、歎異抄の思想 など

このページのトップへ戻る