• HOME
  • > 最新情報

最新情報

島根県と龍谷大学の就職支援に関する協定を締結しました

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2013年2月4日

溝口島根県知事と赤松学長
協定締結後の全体写真

島根県においては、県内企業の多くが、採用意欲があるにも関わらず、優秀な人材が確保できないことが課題となっています。
そのような中で、地域活性化方策として、県外大学に進学した島根県出身者の県内へのUターンを促進し、産業人材の質的・量的確保を図ることを目的として、他大学に先駆けて自治体(鳥取県・徳島県・広島県・香川県・愛媛県)との連携による就職支援事業に積極的に取り組んでいる龍谷大学と島根県が本協定を締結するにいたりました。

今回の協定により、島根県では、地域活性化政策の一環として同大学との連携による「就職支援事業」等を今年度から実施します。一方、龍谷大学では、島根県との具体的な連携方策を進め、島根県へのU・Iターン就職を希望する学生に対して、地元における有効な情報を低年次より提供することができ、雇用情勢の厳しい今日において、自治体との組織的な就職支援が展開できるようになります。

協定内容骨子
(1)龍谷大学に島根県内企業を招聘しての学生を対象とした合同説明・相談会の開催。
(2)龍谷大学と島根県内企業人事担当者による意見交換会の実施。
(3)龍谷大学が開催する保護者懇談会においての島根県内企業の説明会情報の提供。
 など


<知事コメント>
島根県では「ふるさと島根定住財団」と一緒になって、「学生に対する企業情報の提供」、「就活イベントの推進」、「しまね学生登録の推進」など、U・Iターンの促進に取り組んでいます。
このような中、本県出身の学生が約100名在籍している龍谷大学と就職支援に関する協定を締結できたことを大変嬉しく思います。
今後、これまで以上に龍谷大学と緊密に連携し、島根への就職を希望する学生に、十分な就職情報が届き、島根へのU・Iターン就職が促進されることを期待しております。


<学長コメント>
龍谷大学は、今年で創立374年を迎え、浄土真宗の精神による豊かな人間力とともに豊富な知識を基盤にした確かな知性を獲得した有為な人間を養成しています。
 現在、雇用・就職環境は厳しいものがありますが、本学では、「就職力のある大学」として「就職支援の充実」をはかり、学生が力強く進路を切り拓けるよう取り組んでいます。
今般のUターン就職協定により、島根県と本学が一体となって学生の就職を支援していくことは、画期的なことであると考えています。それは、学生の卒業後の進路を島根県で見出し、島根県の活性化・地域社会の発展を担う人間の育成に繋がるからにほかなりません。
 今後は、島根県のご協力のもと、地元での企業懇談会の開催や、島根県内の企業による本学での企業セミナーの開催など、多様で魅力ある就職支援を展開する所存です。

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る