龍谷大学

アジア・アフリカ総合研究プログラム

HOME > 学部・大学院・短大 > アジア・アフリカ総合研究プログラム > メッセージ

メッセージ

プログラム運営委員長 鈴木 滋
運営委員長
鈴木 滋
SUZUKI Shigeru

アジア・アフリカ地域を深く理解するために

21世紀になって存在感を増しつつあるアジア・アフリカの地域社会は、今後どんな変化をしていくのでしょうか?これまでの西欧中心の世界観から、現実の多様な世界に即した世界観への転換が必要とされている今、龍谷大学のアジア・アフリカ総合プログラムのカリキュラムは、その意義をますます深めていると言えるでしょう。アジア・アフリカ地域は、自然環境にとどまらず、人間活動の社会や文化の奥深い多様性に満ちています。この多様性を反映して、本カリキュラムをささえる講師陣は、政治、経済、文化の各分野のエキスパートで構成され、また、学際的な視野をもち、多様な地域での長期にわたるフィールド経験にもとづく研究をしています。したがって、大学院でこのプログラムに参加することで、研究科を超えた学際的な学びの機会を増やすことにつながります。地域研究では、地域に根ざしたフィールドワークを主体的に行うことが、研究と実践的な教育の根幹です。そのための必修科目として、「アジアアフリカ総合研究特別演習」を用意しています。さらに、各受講生は、国内・海外を問わず、アジア・アフリカ地域におけるフィールドワークのための調査補助費の支援を受けることができます(選考あり)。みなさんもぜひ、私たちと一緒にアジア・アフリカの専門家をめざしてください。

このページのトップへ戻る