• HOME
  • > 最新情報

最新情報

「龍大米」が赤松学長に届けられました

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2011年10月21日

赤松学長と
「龍大米」を収穫した後に撮影(2011年9月)

龍谷大学社会学部社会学科・脇田健一ゼミナールで昨年度結成した「北船路米づくり研究会」が収穫し、天日干しした今年の新米「龍大米」が、20日、赤松学長のもとへ届けられました。

「北船路米づくり研究会」は、昨年度、地元・北船路(滋賀県大津市)の農家の指導を受けながら、コシヒカリ米や夏野菜や里芋をつくる農作業を経験しました。生産した米や里芋は、学生が自ら京都のレストランやカフェに出荷し、「龍大米」・「龍大芋」として好評を博しました。

今年も約60キロの玄米を収穫し、いくつかの飲食店に出荷しております。
「こうした取り組みを通じて、農村と都市の活性化について学んでいきたい」
と、学生からの意気込みを聞いた赤松学長は、
「農作業の大変さは私も体感している。ぜひがんばってほしい」
と応えました。

今後の「北船路米づくり研究会」の取り組みにご期待ください。

「龍大米」が「串かつ おばんざい とんとん」の限定メニューで登場します

「北船路米づくり研究会」農村コミュニティの「人」や「暮らし」を学ぶ

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る