刊行物

人権学習誌「白色白光(びゃくしきびゃっこう)
20号 「Diversity × University 多文化共生キャンパス」を発行しました

人権学習冊子「白色白光」の第20号を発行しました。今号のテーマは「Diversity × University 多文化共生キャンパス」です。
顕真館、樹心館、大宮本館ほか、学内のブックスタンドなどで自由にお持ちください。

20号の内容

Diversity × University 多文化共生キャンパス(2018.3)

  • 「多文化共生キャンパスをめざして」<座談会>・・・節和実里 ・ 岩本雄真 ・ 飯川椎奈 ・ 長谷川ベロニカ ・ カルロス マリア・レイナルース
  • アフリカのアルビノ・キリングと現代日本・・・・・・落合雄彦
  • HIV/AIDSについて考えたことがありますか・・・・・・吉本圭佑
  • 人権を大切にするとは心を育てること・・・・・・・・加藤博史
  • 龍谷ヒューマンライブラリー・・・・・・・・・・・・和田萌実
  • 「性のあり方の多様性に関する基本指針」の策定について
  • 人権に関する基本方針
  • 編集を終えて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・加藤博史

編集:龍谷大学人権問題研究委員会
お問い合わせ:龍谷大学宗教部

白色白光 第20号

「白色白光」バックナンバー

  • 19号 “ジョーシキ”を打ち破る(2017.3.)
  • 18号 多様性を認めあう社会(2016.3.)
  • 17号 キャンパスライフと人権(2015.3.)
  • 16号 環境と人権(2014.3.)
  • 15号 矯正・保護と人権(2013.3.)
  • 14号 震災と人権(2012.3.)
  • 13号 子どもの人権(2011.3.)
  • 12号 大学とボランティア・NPO活動(2010.3.)
  • 11号 メンタルヘルスといのちの尊厳(2009.3.)
  • 10号 大学とキャリア教育(2008.3.)
  • 9号 大学と宗教(2007.3.)
  • 8号 大学生と就職問題(2006.3.)
  • 7号 大学と地域社会(2005.3.)
  • 6号 障がい者の学習権(2004.3.)
  • 5号 留学生問題と大学の国際化(2003.5.)
  • 4号 キャンパスにおける性差別を考える(2002.5.)
  • 3号 東九条と在日朝鮮人(2000.3.)
  • 2号 京都の部落から差別を考える(1999.3.)
  • 創刊号 建学の精神と人権(1997.7.)
白色白光 20号

人権啓発パンフレット「共是凡夫」

  • 女性
    金子 裕一郎(経済学部講師)
  • 障がいのある人
    森田 喜治(文学部教授・障がい学生支援室長)
  • 高齢者
    高松 智画(社会学部教授)
  • カフェ樹林
    加藤 博史(龍谷大学名誉教授)
  • セクシュアル・マイノリティ
    吉本 圭佑(政策学部講師)
  • 外国人
    チャプル ジュリアン(国際学部教授)
  • 子ども
    林 美輝(文学部教授)
  • 部落問題・同和問題
    妻木 進吾(経営学部准教授)
  • ヘイトスピーチ
    金  尚均(法学部教授)
  • ハラスメント
    龍谷大学ハラスメント問題委員会

発行者:龍谷大学
企 画:龍谷大学人権問題研究委員会
編 集:龍谷大学宗教部

共是凡夫

このページのトップへ戻る