龍谷大学

アジア・アフリカ総合研究プログラム

HOME > 学部・大学院・短大 > アジア・アフリカ総合研究プログラム > プログラム概要

プログラム概要

--人間重視の大学院教育

龍谷大学は21世紀の大学像として「「共生」(ともいき)をめざすグローカル大学」を掲げ、世界に通用する大学をめざして努力しています。アジア・アフリカ総合研究プログラム(Graduate Program of Asian and African Studies : GPAAS)は、アジア・アフリカ地域研究の分野で、民衆の立場にたった人間重視の教育を提供します。

人間重視の大学院教育

--実績ある教員による指導

龍谷大学には、アジア・アフリカ地域研究に従事している専門家の教員が多数揃っています。アジア・アフリカ地域研究で豊富な実績を持つ教員がこのプログラムを担当します。

--日本の私立大学で唯一のプログラム

グローバル化が進行し、日本とアジア・アフリカの関係が発展するなかで、アジア・アフリカの地域研究に特化した大学院教育の実施が待望されてきました。このプログラムは、日本の私立大学では、アジア・アフリカ地域研究を対象とする、唯一の大学院修士課程のプログラムになります。

民際と文化理解の視点で専門家を育成します。

--新しい共通プログラム

アジア・アフリカ総合研究プログラムは、法学研究科、経済学研究科、国際文化学研究科の3つの研究科が共同で運営する大学院修士課程の共通プログラムです。それぞれの研究科から、アジア・アフリカ地域研究の専門家を中心とする教員が共通プログラムに参加し、学生を指導します。

--地域研究と専門研究の二本柱

プログラム科目はアジア・アフリカ地域に関する地域研究科目と専門分野の総合研究科目の二本柱から構成されています。プログラムの学生は、アジア・アフリカ地域研究についての科目を履修して地域研究を修得し、同時に、専門分野(政治学、経済学、国際文化学)の科目を履修して、政治学、経済学、国際文化学の基礎理論を修得します。こうして地域と専門の研究に強い学生が誕生します。

--国際から民際と文化理解の視点へ

アジア・アフリカ地域を含めて現代世界の全体像を知ることが大切です。学生は国家と民族、紛争と平和、世界システム、文化交流など多様な事項について学びます。地域研究において文化間コミュニケーションを重視します。国家の関係からなる「国際」の視点とともに、人間の関係からなる「民際」の視点から、現代社会とりわけアジア・アフリカ地域を研究します。

国際から民際と文化理解の視点へ

このページのトップへ戻る