龍谷大学

アジア・アフリカ総合研究プログラム

HOME > 学部・大学院・短大 > アジア・アフリカ総合研究プログラム > 徹底した実践的研究

徹底した実践的研究

国際文化学研究科 本多 善

AAプログラムを選んだ理由
アメリカ西海岸における日系移民の研究をする中で、日系移民史の中で語られてきた第二次大戦中の強制収用や日系二世による兵役に関する研究を行っています。AAプログラムはフィールド調査を通した地域研究の充実だけでなく、プログラムにおける講義も充実しています。以上の理由から、AAプログラムを選びました。

フィールドワーク・インターンシップなどの体験談、実績
2009年1月にカリフォルニア州で日系移民のフィールド調査を行いました。現地ではスタンフォード大学で教鞭を持つナカソネ氏に協力して頂き、強制収用に関わったことがある方々から聞き書き調査を行いました。日系移民史の中で語られてきた強制収用や兵役に関する出来事は美化されて語られることが多い。ですが、今回の調査では、彼/彼女らのキャンプでの経験や半ば強制的に行われた兵役義務の事実を、フィールド調査を通して理解することができました。計15名の方々から聞き書き調査を行い、私にとって非常に意義のあるフィールド調査となりました。

受験生に向けて一言
AAプログラムはアジアやアフリカの地域研究が大変充実しています。それだけではなく、紛争・国家・民俗・国際関係などさまざまなアプローチから学ぶことができます。私は地域研究としてアメリカの日系移民を調査していますが、AAプログラムを通した講義とフィールド調査によって、私自身の研究がより深まりました。受験生の皆さんも積極的にAAプログラムに参加することで、より実践的な研究を行うことができると思います。

2010年度大学院生の海外フィールド調査レポート

このページのトップへ戻る