• HOME
  • > イベント情報

イベント情報

文学部博物館実習十二月展「今と昔の赤い糸-婚姻の歴史と文化をたどる」

開催日時
2013年12月4日 9:30 〜 2013年12月7日 16:00
開催場所
大宮学舎本館展観室 MAP
お問い合わせ
十二月展ポスター画像

文学部学生が、12月4日(水)~12月7日(土)まで、「今と昔の赤い糸-婚姻の歴史と文化をたどる」をテーマに、博物館実習・展示会(十二月展)を、本学大宮学舎にて開催します。
博物館実習とは、博物館学芸員資格取得のための授業で、なかでも十二月展は、学習成果の集大成となる実習展示会です。学生が、開催テーマを決定し、展示品となる史資料の調査や収集等、博物館学芸員課程で修得した知識や技術を活かして、企画・運営の一切を担うもので、今年で34回目を迎えます。
近年、晩婚、非婚、事実婚や同性婚など社会における結婚観が多様化しており、「婚姻」とはどのようなものであるかを、過去に遡って捉えなおしたいという想いから、テーマを設定し準備を進めてきました。
今回の展示では、「婚姻」の歴史と文化について三つの章に分けて、各時代の婚姻の形態の変化を紹介します。ご来場いただいた方々に、「婚姻」という文化の変遷を文献資料や実物資料を通して伝えるとともに、今日の「婚姻」について考える機会にしていただければと考えております。

 展覧会名 :  2013年度 龍谷大学文学部博物館実習「十二月展」
           「今と昔の赤い糸-婚姻の歴史と文化をたどる」
 開催期間 :  2013年12月4日(水)~12月7日(土) 〔4日間〕
 観覧時間 :  午前9時30分~午後4時30分 (最終日は午後4時受付終了)  入館料無料
 会   場 :  龍谷大学大宮学舎 本館展観室(重要文化財)
          (京都市下京区七条通大宮東入る大工町125-1)

 [十二月展 代表的展示品(予定)]
   埴輪弾琴像(天理市教育委員会)、奈良絵本などの写字台文庫蔵本(龍谷大学大宮図書館)、
   狐の嫁入り図屏風(個人蔵)、豊公娶婦図(豊国神社)、婚礼調度品(藤井有鄰館)等

表示

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る