• HOME
  • > 最新情報

最新情報

文部科学省「平成21年度私立大学戦略的研究基盤形成支援事業」に「新技術開発による文化財保存・修復科学研究」(古典籍デジタルアーカイブ研究センター)と「里山の現代的利用に関する総合研究」(里山学研究センター)の2件の研究プロジェクトが採択!!

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2009年4月13日

 今年2月に新規研究プロジェクトとして古典籍デジタルアーカイブ研究センター(センター長・ 岡田至弘 理工学部教授)が申請した「新技術開発による文化財保存・修復科学研究」と里山学研究センター(センター長・宮浦富保 理工学部教授)が申請した「里山の現代的利用に関する総合研究」の2つの研究プロジェクトが文部科学省「平成21年度私立大学戦略的研究基盤形成支援事業」に採択されました。
 今回採択された2つの研究プロジェクトは、これまで私立大学学術研究高度化推進事業学術フロンティア推進事業(AFC:古典籍デジタルアーカイブの研究)として8年間、同じくオープン・リサーチ・センター整備事業(ORC:里山をめぐる人間と自然の共生に関する総合研究)として5年間実施してきた研究活動で培われた研究実績をもとに、本事業の「大学の特色を活かした研究」に新規プロジェクトとして申請し、この度、3ヶ年間の新規研究プロジェクトに採択されました。
 今後、本格的に新しい体制での研究活動がスタート。更なる研究成果が期待されます。

※文部科学省でこれまで「私立大学学術研究高度化推進事業」として実施されていた事業が、昨年度(平成20年度)より「私立大学戦略的研究基盤形成支援事業」として実施されることになりました。

http://www.ryukoku.ac.jp/kenkyu/kenkyu_soshiki/digital.html

http://www.ryukoku.ac.jp/kenkyu/kenkyu_soshiki/satoyama.html

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る