• HOME
  • > 最新情報

最新情報

北船路米づくり研究会生(社会学部・脇田ゼミ)が 環境保全への意識を高めるキャンペーンを実施 -龍谷大学生協で「環境こだわり米」を提供-

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2012年11月22日

龍谷大学(大津市瀬田)社会学部 脇田健一ゼミナールで結成した「北船路米づくり研究会」が、「環境こだわり米」に関心をもってもらうためのPR活動を深草キャンパスと瀬田キャンパスにておこないます。同時に、龍谷大学生活協同組合と連携することで、研究会が活動している大津市八屋戸北船路(きたふなじ)の棚田で生産された「環境こだわり米」(コシヒカリ) を、下記の期間中、生協食堂にてご賞味いただけることになりました。

「北船路米づくり研究会」は、「農村の活性化」に焦点をあて、学生と指導農家との交流(農学連携)の中でその手がかりを探るべく、2010年度より活動を開始しました。地元・北船路の農家の指導を受けながら、コシヒカリ米や里芋の生産およびその販売、協力農家が出品する農村物による野菜市の開催、生産農家と消費者をつなぐイベント「かかし祭り」などを開催してきました。そしてそのような活動実績を背景に、研究会からの提案が2012年度「環境こだわり農業連携PR事業」(滋賀県農林水産部・食のブランド推進課)のひとつとして採択され、龍谷大学生活協同組合の研究会の活動に対する理解と強い連携のもとで、今回の取り組みが実現することになりました。

「環境こだわり米」:
(1)農薬の使用量が通常の5割以下、(2)化学肥料の使用量も通常の5割以下、(3)さらに泥水を流さないなど、琵琶湖等の周辺環境にやさしい栽培方法で作られたもので、滋賀県が認証している米です。この「環境こだわり米」を食べることが、琵琶湖の環境をまもっていくことにもつながります。

 「北船路米づくり研究会」のキャンペーン
<深草キャンパス> 日時:2012年11月26日(月)・27日(火) 12:15~13:15  場所:22号館前
<瀬田キャンパス> 日時:2012年12月3日(月)~7日(金)  12:30~13:30  場所:青志館前


龍谷大学生協食堂で「環境こだわり米」を提供する期間
<深草キャンパス> 期間:2012年11月26日(月)~30日(金) 場所:22号館食堂
<瀬田キャンパス> 期間:2012年12月3日(月)~7日(金)  場所:青志館食堂
※地域住民の方のご利用も可能です。
予定数(深草500kg、瀬田300kg)がなくなり次第終了します。

問い合わせ先 : 龍谷大学社会学部(脇田ゼミナール)  Tel 077-543-7623

-参考-
 「北船路米づくり研究会」の活動:
比良山系・蓬莱山麓にある棚田の農村コミュニティ(大津市八屋戸北船路)では、後継者が不足し、農家が高齢化するなどの問題を抱えています。また、農作業をおこなう上で条件的に不利な「棚田」という 農地を、どのように保全していくかという課題が顕在化しています。
 これまで、社会学部では、ユニークな教育プログラム「大津エンパワねっと」※を中心に、滋賀県大津市域が抱える様々な課題解決や地域の活性化をテーマに地域貢献活動を展開してきましたが、脇田ゼミの、こ の「北船路米づくり研究会」では「農村の活性化」に焦点をあて、学生と指導農家との交流(農学連携)の中でその手がかりを探るべく、2010年度より北船路の農家の指導を受けながら、コシヒカリ米や夏野菜や里芋を生産する農業体験を行ってきました。そのような体験だけではなく、生産者と消費者との「顔の見える 関係」や、付加価値のある「食」、安心・安全の「食」を確保するためのローカルフードシステム の重要性についてもあわせて学び、生産・流通に加えて、その背後にある農村の暮らしや、農村コミュニティの活性化についても、視野を拡げています。
 なお、生産した米や 里芋は、学生が自ら京都のレストランやカフェに出荷し、「龍大米」・「龍大芋」として好評を博し、2011年からは、地元農家の協力を得て、大津市中心市街地(丸屋町商店街)において「北船路野菜市」を開催しています。2012年9月には、農作物の生産現場を消費者に親しんでもらう「かかし祭り」を実施し、一緒にかかしを製作した保育園児や保護者、そして地元住民の方々との交流をおこないました。
http://www.soc.ryukoku.ac.jp/~wakita/?page=kitafunaji

「大津エンパワねっと」:
地域と学生との連携で“まちづくり”を実践するプログラムで、「現場主義」をモットーに、地元である滋賀県大津市域におけるさまざまな人々との連携を通じて、まったく新しいコンセプトの学びを追及しています。地域社会の諸問題について何が課題なのか、何からどのように取り組むのか。学生、地域、大学が「地域力」と「学生力」の融合で相互に高めあい、地域ネットワークをつくり、元気な大津のまちづくりをめざします。
http://www.soc.ryukoku.ac.jp/about/gp.html

北船路研究会の環境保全キャンペーン(ファイル形式pdf サイズ0KB)

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る