インフルエンザに注意!

緊急:新型インフルエンザに関する注意喚起

今年もインフルエンザの流行時期になりました。

インフルエンザは、おもにインフルエンザウィルスAとBの感染によっておこる病気で毎年11月下旬から翌年3月にかけて広く流行します。 普通の風邪と違って、39℃程の高熱があり、頭痛やのどの痛み、筋肉痛、関節痛などの症状も強く、気管支炎や肺炎などを併発し、重症化することが多いのが特徴です。

咳エチケット

マスクをせずに咳やくしゃみをするとウィルスが2m〜3m飛ぶと言われています。そこで必要なことが「咳エチケット」!

  1. 咳やくしゃみをするときにはハンカチなどで口と鼻を押さえ、他の人から顔をそむけ1m以上離れる。
  2. 症状のあるときは、マスクを正しく着用する。
  3. 鼻水・痰などのついたティッシュは、すぐにフタ付きのゴミ箱に捨てる。

予防接種を受けよう!

インフルエンザは、いったん発症すると、重篤な症状のために仕事を休まなくてはならず、学業に支障が出ます。さらに、感染力が強いため、集団発生を引き起こす可能性も あります。まだ予防接種を受けていない人は、12月中旬までをめどに、近くの医療機関で予防接種を受けることを お勧めします。

外出後のうがい・手洗いを日常的に!

インフルエンザのウィルスは、手や顔・衣類にもつきます。目をこすったり、鼻をいじったりすることでも感染します。 20〜30秒、石鹸で両手全体を洗うと菌がほとんど洗い流せ、予防に効果的!

換気を十分に!

冬は、暖房などで部屋の湿度が低くなりがちです、インフルエンザウィルスは、湿度に弱いので、加湿器や室内に洗濯物を干すなどして部屋の湿度を上げるようにしましょう。