龍谷大学

保健管理センター

教職員のみなさまへ

2016(平成28年)年度、学内実施の職員定期健康診断は終了しました。

職員定期健康診断未受診の方へ

 諸事情により、学内実施の職員定期健康診断を受診できなかった方は、健康診断委託業者である滋賀保健研究センターで、健康診断を受診することができます。なお、健診費用は大学が負担いたしますが、交通費は自己負担になります。
受診を希望される方は、滋賀保健研究センターへ直接電話予約をして、今回配布した健康診断受診票を持参の上、受診してください。

<定期健康診断(施設健診)連絡先>
一般財団法人 滋賀保健研究センター
龍谷大学職員定期健康診断予約係
〒520-2304 滋賀県野洲市永原上町664
TEL:077-587-3588

上記の健診機関で受診できない方は、最寄りの医療機関で労働安全衛生規則第44条の定期健康診断の項目を満たす検査を受診し、検査結果を所属学舎の保健管理センター窓口へ提出してください。

【定期健康診断項目】
身長、体重、腹囲、視力、聴力(1000Hz・4000Hzの純音をオージオメータで検査)
胸部X線、血圧、尿一般(糖、蛋白)、貧血(赤血球、血色素)
肝機能(AST、ALT、γ-GTP)、血糖検査、心電図検査
血中脂質検査(HDLコレステロール、LDLコレステロール、TG)

なお、既に2016年4月以降に外部医療機関で健康診断・人間ドックを受診された方は、その結果の写しを保健管理センターに提出することで職員定期健康診断の代替とできます。
早急に、結果のコピーを提出してください。
*1月~3月に受診予定の方は、受診予定日を保健管理センターまで報告してください。

職員特殊健康診断
(電離放射線業務に従事及び有機溶剤・特定化学物質等を使用する教職員対象)

対象者には個別にご案内いたします。

▲このページのトップへ戻る

教職員を対象とした「多様な学生対応を考えるワーキング」
(研修会の機会提供)について(案内)

2011年度第1回こころの相談室委員会において、カウンセラーによる教職員を対象としたレクチュアサービス実施のご意見を頂戴いたしました。
これまで相談室では学生対応にあたっておられる教職員を対象として、個別の事例に関するコンサルテーションを実施して参りました。しかしながら、個別対応には限界があること、相談室の存在や提供しているサービス内容の周知が学内で不十分である可能性があること等の理由から、集団を対象とした研修会の機会提供を開始することといたしました。具体的には、下記のとおり「多様な学生対応を考えるワーキング」を実施いたします。どうぞお気軽にお申し込みください。

実施内容

教職員からのこころの相談室への実施依頼に応じて、講義・懇話会形式で研修会を実施する。集団を対象といたしますが、集団の大小は問いません。学部・学科単位の他、ご希望に応じて小グループにも対応いたします。

【研修会テーマ】

  1. 「こころの相談室となんでも相談室の利用の仕方」
  2. 「学生対応Q&A」
  3. 「不登校」
  4. 「発達障がい」
  5. 「支援が必要な学生への対応」
  6. 「保護者対応」

※ その他 ご要望がございましたらご連絡ください。

お申し込み方法

希望テーマ、希望日時、希望場所、出席予定者数をご記入の上、申込者、連絡先を記入し、下記メールアドレスまでお申し込みください。折り返し、カウンセラーよりご連絡申し上げます。
なお、希望日時につきましては、学生相談業務と調整の上で開催日を決めさせていただくことになりますので、複数候補日を挙げていただければ幸いです。

保健管理センター:hoken@ad.ryukoku.ac.jp

その他

昨年、11月から開始いたしました「教職員向けレクチャーサービス」を改め、「多様な学生対応を考えるワーキング」としてご案内さしあげております。

リンク

このページのトップへ戻る