• HOME
  • > 最新情報

最新情報

「ラ・フォル・ジュルネびわ湖2015」に参加しました!

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2015年5月2日

吹奏楽部の演奏を聴く三日月滋賀県知事
楽器体験の様子
ミニコンサートの様子

 5月2日(土)から3日(日)にかけて、滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールを主会場に「ラ・フォル・ジュルネびわ湖2015」が開催されました。

 ラ・フォル・ジュルネとは、1995年、フランス北西部の港町ナントで誕生したクラシック音楽祭で、昼夜をかけて各地でコンサートが開催され、音楽の楽しさを多くの人々に提供するイベントです。日本国内では、滋賀県のほかに東京、金沢、新潟、鳥栖の各地で開催されています。

 本学のプログラムでは、ピアザ淡海を会場に、本学吹奏楽部の協力を得ながら、『見て!聴いて!吹いて!吹奏楽の魅力を体験しよう!(楽器体験)』と題し、以下の内容にて実施しました。

①ミニコンサート
 楽器を紹介しながらのクラシック曲の演奏

②楽器体験
 トランペットやフルート、打楽器等、来場者が実際に楽器の音をならすことができる体験コーナーの設置

③龍谷大学・龍谷エクステンションセンター(REC)の紹介
 大学紹介ブースを設置し、本学やRECの取り組みを紹介


 1日を通して、本プログラムには、多くの来場者があり、「初めてフルートを吹いたけど、音が出て嬉しかった!」、「手拍子したり、歌ったり、参加型のミニコンサートが楽しかった!」等、好評の声を多くいただくことができました。

 また、三日月滋賀県知事も本学のイベントにお越しになり、本学吹奏楽部の演奏に耳を傾けておられました。

ラ・フォル・ジュルネ びわ湖 2015 HP

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る